【Jリーグ第28節】ガンバ大阪-川崎フロンターレ@万博

【ガンバ大阪 1-0 川崎フロンターレ】

水曜日の天皇杯はメンバーを大幅に入れ替えていたとはいえ連戦の疲労は残っているだろう中、快晴のデーゲーム。コンディションが戻らなかったのか明神はスタメンを外れ、体力的には厳しい試合になるかと思ったら逆に後半に盛り返す展開での完封勝利。決して出場選手全員のパフォーマンスが良かったとは言い切れない中でも勝ちきれてしまう強さ。メンバーは大きく入れ替わっても勝者のメンタリティ復活の気配。川崎3連戦はナビスコ&天皇杯共に勝利という最高の結果に。タイトルを獲った事のあるクラブとないクラブの差が出た。

■コンディション維持のために

優勝争いをしている緊張感や勝ち続けている充実感が連戦の疲労を薄くさせているのか。我々サポーターの行動で例えると、首位攻防戦のような試合は冬開催の試合でも薄着で応援しちゃう的な。08年におけるACL後の天皇杯の様な体は疲れているもののレベルの高い相手との試合が続く事で感覚が研ぎ澄まされる状態にチームがなれば素晴らしい。

そして、そうした状態を生みだすアシストをする上でサポーターの作りだす雰囲気も重要なはず。次節の柏は平日アウェイ、その次はこの時期に日曜日ナイター。ナビスコ決勝は大阪からは遠い埼玉だし、天皇杯準決勝も平日味スタ・・・とサポーター的にもハードな条件が続く試合が続くけど、優勝争いを応援できるのはサポーター冥利に尽きる。あと2ヶ月間、サポーターも頑張りましょう!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/627-07df28ab