【Jリーグ第26節】ガンバ大阪-サガン鳥栖@万博

【ガンバ大阪 4-1 サガン鳥栖】

いよいよ優勝争いグループ入り。ワクワクしますな。この感覚は久々。ちょっと緊張すらしてる。上位3クラブとは全て直接対決が残っているという点も最高。しかも、浦和とは32節という佳境でアウェイでしょ。もし、首位攻防戦というシチュエーションになっていたらキックオフ前の決起集会でサポーター感情高まって泣いちゃうやつや。

■パットトリック

今節のハイライトは当然パトリックのハットトリック。通称、パットトリック。この時期、連戦による疲労や怪我人、累積出場停止などで「ベストメンバー」が存在しないチームにおいて、色んな選手が出場する事がチームを活性化させてる感じがする。パトリックにしても、佐藤が復調傾向にあるのが刺激になっているはず。その刺激がパトリックに「足」でのゴールを生みださせたのかも。1~2点目はそれなりに繊細なタッチが求められるシュートだっただけに、パトリックの進化を感じずにはいられませんな。

次節は鹿島か。次が川崎3連戦で、アウェイ柏に、FC東京・・・間に天皇杯大宮(秋の絶対王者)か・・・改めて10月は凄いスケジュールだ。完全に総力戦。いよいよ本当の意味でのチーム力が試される秋突入。楽しみ。

※関連記事:【Jリーグ第5節】サガン鳥栖-ガンバ大阪@ベアスタ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/620-554b7378