【Jリーグ第23節】 サンフレッチェ広島-ガンバ大阪@エディオン

【サンフレッチェ広島 0-1 ガンバ大阪】

今節は長谷川健太監督得意のスタメンいじりが発動。水曜日の天皇杯での出来や連戦等を考慮しての事だとは思うけど、我々ガンバサポーターは名古屋戦の嫌な思い出がまだ鮮明に残っているだけに疑心暗鬼な試合開始前。ただ、そんな中でも手堅い試合内容で勝っちゃうのは長谷川健太監督の考え方がチーム全体に浸透してるって事なんでしょう。誰が出ても強い。広島二連戦完全勝利でございます。

■スタメン変更を深読みしよう

ただ、毎回スタメン変更がある度に勝手に色々深読みをしてしまうのがサポーターの性。

例えば、サイドバックの序列はジェソク→米倉→藤春で、米倉と藤春の間にはそこまで差がないと考えられてるのかなーとか。天皇杯でも長時間出場している阿部をスタメンで使って、倉田をベンチに置くのは阿部の方が評価高いのかなーとか。中断期間に連携を高めたらしい倉田-宇佐美の2トップはもう封印したのだろうか・・・等々。まあ、序列だけではなく、対戦相手も考慮しての起用というのは当然あるだけろうけど。

で、一番気になるのはパトリックの評価がじわじわ落ちてるんじゃないかという事。水曜日の試合で2得点獲った佐藤がスタメン出場する事は実に納得感のあるレギュラー争いの形だが、温存したパトリックを使わないのは何かしら不満を感じている部分があるからと捉える事もできる。

それが何なのかは分からない。起用な選手ではない事は元から分かっていたので期待できうるMAXの活躍はしている。夏場にブレイクして冬にかけて起用が減ってくるというのは昨シーズンのロチャとかぶるけど、ロチャと違うのは研究しても止められない「高さ」があるという点。そこを評価して来シーズンも残って(残して)欲しい。セットプレー大切。

9月になって、そろそろ来シーズンの陣容を考え始める時期だろうか?水面下では外国人FWと交渉が進んでいてリンスかパトリックのどちからかは切らないといけないという選択を迫られてりしているのだろうか。

素直にスタメン変更での勝利を喜ぶだけで試合を総括できない私の様なサポーターは損をしているのかもしれない。

※関連記事:【天皇杯4回戦】サンフレッチェ広島-ガンバ大阪@Eスタ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/613-0124a6b5