【ナビスコカップ準々決勝第2戦】ガンバ大阪-ヴィッセル神戸@万博

【ガンバ大阪 3-0 ヴィッセル神戸】

今発売されている雑誌「Number」の中に掲載されている宇佐美インタビュー(書き手は細江克弥さん)の中で宇佐美本人も自覚する課題について書かれてある。ざっくり言えば「ボールのもらい方」の部分。最近は「運動量(守備の貢献度)」の課題が強調されていた気がしたので、この試合はオフザボールの動きに注目して観戦してた。

ガンバにおいては「裏走り担当:パトリック(主に右サイド)、自由:宇佐美(主にサイド)」のような役割分担がされているのだろうか。基本は足元でボールを受けるポジショニング。ボールを受けてから独力で何とかするというプレースタイル。FWというポジション&Jリーグでは無双状態ゆえに成立しているが、代表に入って求められる役割が変わったり、強い対戦相手と試合をする中でまた違う動きを覚える宇佐美も観たい。次の代表戦もナビスコと日程が重なっているものの、宇佐美には代表に行って欲しい。

■もはや八百長が疑われるレベル

そんな宇佐美がまたまたまたまたまた・・・・神戸戦でゴールを決めて無事準決勝進出。普通、警戒される中でこんなに同じ相手から点を取り続けられるものかね。もしかすると、宇佐美は楽天ポイントでゴールを買っているのかもしれない。

神戸は前回対戦同様・・・いや、それ以上に気合い入りまくり。ただ、その気合いはラフプレーという形でも表れ、アフター、足裏、審判へのクレームとやりたい放題。そして、もはや恒例の宇佐美VSペドロの言い争い。ペドロは元ガンバなんだからもう少し我慢しなさい。

ただ、この試合に関してはガンバも前回対戦の反省を活かしてしっかりファイトできた。また、倉田の気持ち溢れるプレーに最近はゴールという結果が付いてきているのも嬉しい。

という事でナビスコ準決勝+リーグ戦の川崎3連戦が決定(天皇杯を挟む可能性あり)。選手達は大変だけど、秋の気持ちのいい季節にたくさん応援できるのは幸せな事です。

※関連記事:【ナビスコカップ準々決勝第1戦】ヴィッセル神戸-ガンバ大阪@神戸ユ



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/608-09b5e9c9