【Jリーグ第22節】ガンバ大阪-アルビレックス新潟@万博

【ガンバ大阪 5-0 アルビレックス新潟】

スタメン変更で連勝を止めた名古屋戦、守備的な交代から引き分けた甲府戦と続いた嫌な流れを大勝でストップ。しかも、今後の連戦にむけて後半はスローダウンさせ、パトリックや倉田を交代させる事も出来たという完璧な展開。強いて残念な点を探すとするならば、「体力」が原因として語られている代表不選出の宇佐美が得点でも、体力面でもアピールできなかった事くらい。

内容的には5-0という印象ではないけど、流れが悪い中でもセットプレーで先制できた事が大勝の最大の要因で、+αとして前節とは逆にシュートがDFに当たってゴールするというような運が今日はうちに味方した。相手にレオシルバや大井健太郎が累積出場停止だったという運も後押ししてくれた。

■新たな刺激で成長する

今節は特に語るべきポイントがない試合だったので代表の話を少し。

宇佐美のコメントから考えるに、代表に入るメリットの1つは「新たな刺激をもらる事で更なる成長につながる」という事。海外移籍をする選手からも移籍の理由として同じような事をよく聞く。実際、宇佐美は育成年代から飛び級で上のカテゴリーでプレーしていた事が今につながっている部分もあるし、今シーズン五輪代表候補としてもプレーする機会の多い西野の成長ぶりを見ても、そういう面は実際あるのかもしれない(そういえば、ガンバユースも海外遠征をして力を再び付けてきたと、金森前社長の著書に書いていた)。

残念ながら今回はガンバからは代表に誰も選ばれなかったけど、宇佐美をはじめ、倉田や阿部、米倉、大森・・・と今後著しい成長が見込める選手達に代表以外で何かしら「新たな刺激」をどこで経験してもらえるのかと考えると、それはACLなんだろうなと。

もはや代表の話でも何でもないのだけど、先日再開したACLの試合を観ていて「もう一度ACLアウェイに行きたいな」と個人的に思ったので代表の話とこじつけて書いてみました。サポーターも反日感情全開のアジアアウェイを経験したらタフになるよ!目指せACL圏内!

関連記事①:【ACL韓国遠征記】浦項スティーラーズーガンバ大阪@浦項
関連記事②:【インドネシアサッカー観戦記】カオスがもたらす熱狂のスタジアム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/600-dc7d1252