【ナビスコカップ第6節】ベガルタ仙台-ガンバ大阪@ユアスタ

【ベガルタ仙台 1-0 ガンバ大阪】

好不調の波が大きすぎる。先日のリーグFC東京戦しかり、今節の仙台戦しかり、前節までの良い流れを全く感じさせない内容の試合をしてしまうのはなぜなのか。好調が慢心を生むのか、連戦でのコンディショニングが下手なのか。個人としても前節好プレーのリンスはいいところなしで前半途中交代でまた一歩後退。昨シーズンの立ち上がり失点芸といい、失敗を繰り返す傾向は本当にどうにかして欲しい。中断前の最後の試合がこんな凡戦になるとは。

■そもそも今日はどういうスタンスで戦おうとしていたのか

予選突破の可能性がない仙台にモチベーションで負けた感すらある試合。「メンタル」とか「モチベーション」って言葉は敗因を探る上では危険な言葉だけど、それでも今日は試合に挑むスタンスに疑問がある。試合中のピッチレポーター曰く、「ガンバは全員が引き分けではなく、勝ち点3を狙いにいっている」。ただ、その言葉とは裏腹に実際は残り25分以上ある状態で長谷川監督は丹羽を入れようとしている。明らかに引き分け狙いの采配で、直後に失点という皮肉。試合の流れをふまえての判断という事は理解できるのだけど、その守備的なメンタリティは選手達の気持ちとシンクロしているのか非常に不安になった。

まあ、予選突破という事を考えれば大量失点をしなければほぼOKという状況でもあったので、0-1という結果を無難と捉える事もできる。ただ、何も進歩・成長を発見できない試合を観るのは寂しい。今日の収穫は一体何だ?

P.S.チームの調子と岩下のキレ芸の迫力は当然反比例するので、今日はめちゃくちゃ恐かった。怒られている時に岩下と目を合わさない選手がちらほらいる気がするけど、岩下には試合後のフォローもセットでお願いしたいところ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/567-0c6f1c12