【Jリーグ第13節】名古屋グランパス-ガンバ大阪@豊田

【名古屋グランパス 1-2 ガンバ大阪】

さほど「ガンバ大阪VS西野監督」がフィーチャーされた感がない一戦。数年前であれはこの対決に期待するのは「馬鹿試合」。4-3・・・否、5-4こそ両者の対決には相応しい。ただ、そんなプレビューは皆無。チーム状態、長谷川監督のスタイルを考えれば当然。時の流れの早さに多少の寂しさも感じつつ、クラブの中に残る「西野イズム」は少しずつ確実に少なくなっている・・・そういう事なのだろうと思いながら愛知県に向かいました。

トヨタスタジアムゴール裏

■長谷川ガンバ、再スタート

結果はスコア以上に完勝。ボールロストが少なく、個々でも仕掛けられる前線の組み合わせになった事で三人目の動きが増えた事が要因だと見てる。結果、サイドバックが上がるシーンも増え、今ちゃんも前線に上がって攻撃に厚みを出せ、ヤットのボール捌きもよりスムーズかつ効果的になり、ガンバらしいポゼッションサッカーになった。

このポゼッションは連戦&炎天下という状況で通常以上の効果を発揮。体力的に厳しくなった名古屋相手に交代カードが躍動。元気いっぱいに駆け回る大森は攻守に無双状態。佐藤も終盤の苦しい時間帯に起点になりつづける&安定の前線からの守備で貢献。決定機を外した事を差し引いても今シーズンベストパフォーマンス。

上記の「ガンバらしい」という表現は私以外のガンバサポの間でもこの試合の感想として使われていたけど、その「らしさ」がさしているものは2011年以前の西野時代のガンバサッカーである事は自明。やはりベースはそこにある。今節を観て、前言撤回。10年間の蓄積が簡単になくなるはずがなかった。今日のサッカーをベースにどういう+αを付け加えていくのかが長谷川ガンバのミッション。主には就任会見でも話していた守備部分。5-4ではなく、3-0のサッカー。今節におけるヤットのポジショニングに代表されるように各選手への守備への意識付けはだいぶ浸透されつつある。

選手が揃い(層は薄いけど)攻撃の形が甦りつつある今、攻守において長谷川ガンバの目指すサッカーの構築の再スタート。タイミングが良いのか悪いのかリーグ戦は中断期間前残り1節。3連勝締めで後半戦につなげよう。

P.S.岩下のフェイスガード日焼けが心配です。

上坂商店 豊田市
スタジアム付近のお団子屋さん「上坂商店」

上坂商店 五平餅
注文を受けてから焼いてくれます

関連記事:【書評/読書感想】「勝利のルーティーン -常勝軍団を作る、習慣化のチームマネジメント-」(西野朗)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/562-a69ae509