【Jリーグ第12節】ガンバ大阪-徳島ヴォルティス@万博

【ガンバ大阪 3-0 徳島ヴォルティス】

徳島には申し訳ないけども、勝って当然の実力差ゆえに3-0でも「復活」とか「逆襲開始」とか言って浮かれてはいられない。この勝利をきっかけに次どんな試合をするのかが大切。久しぶりに高いポゼッション率の試合が出来た事で攻撃の良いイメージを思い出すリハビリになればいいなというのが試合総括。

■宇佐美の相棒探しの行方

今シーズン初スタメンの宇佐美はさすがの動き。フィニッシュもチャンスメイクも・・・ガンバに足りない動きを全て補ってやろうという意気込みを感じた。一人二役・・・いや、三役。ナイターで気温が低いという状況も良かった。個人的な宇佐美ハイライトは後半のクロスバー直撃のシュートシーン。リンスの大振りシュートに見慣れてしまったがゆえに、あの振りの早さ(コンパクトさ)の衝撃度は大きかった。チャンスではないシーンをチャンスにしてしまう。そして、結果もしっかり残す。現在のチームにおける紛れもない「スペシャルワン」ですよ、あなたは。

FWに軸が出来た事でスタメン固定化→連携強化の流れにもっていきたいところ。今日の出来を観る限りはリンスのFW起用は一旦終了。長谷川監督的にはヤットFWを守備的側面でも本当は希望しているのかなと推測するけど、陣容を考えるとボランチ起用に落ち着きそう。ウッチー(明神)か倉田(佐藤)かの選択でもあると思うけど、後者の方が今の状態なら期待感は高い。ヤットボランチの場合、徳島戦では致命傷にならなかった今ちゃんもヤットも両方バイタルを空けちゃう部分をどう修正するかが引き続きのポイント。武器と弱点は表裏一体。降格シーズンで松波さんが連呼した「バランス」を探る旅へ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/561-e6327be3