【Jリーグ第10節】ガンバ大阪-柏レイソル@万博

【ガンバ大阪 1-2 柏レイソル】

只今、深夜2時。万博より東京の自宅に帰宅。雨の中の観戦はいつも疲労感がすごい。復路の新幹線では隣に同世代であろうガバ女が座るというチャンスが訪れたにも関わらず寝落ちしてしまうくらい疲れているのであります。車内で食べようと思って買ったハッピーターンは明日のおやつにします。

■残留争いの覚悟を決めた

チーム状態が悪い時こそサポーター間での活発な意見交換は大切。その意見が正しかろうが、間違っていようが、半年後、結果が出た際にアウトプットしているからこそ得る事ができる知見はあるはずだから。サポーターの知見はクラブの財産であり、その蓄積こそがクラブの発展につながるはず。

だからこそ、「サポーターなら黙って応援だけしろ」、「批判、批評をする奴はスタジアムに来るな」的な意見には異を唱える。サポーターは排他的であってはならない。多様性を受け入れてこそ発展がある。

ただ、今日の試合を観て何を書けばいいのかは分からず・・・。相撲なら無気力試合で八百長を疑われるレベル。1-2になってからの無策さには失望を覚えた。相変わらず少ない人数の関係性でしかボールは動かず、最後の希望である宇佐美にボールを運ぶ事すらままならない。

勝敗もさる事ながら内容的に一気に後退した感があるのが残念。「勝てない→メンバー変更→連携深まらない→勝てない」という負のサイクルに加え、負け続ける事でのメンタリティの落ち込み。そして、怪我人。次は戦い方への疑心暗鬼?仲間へのフラストレーション?ドロ沼化目前という雰囲気すら感じる。そして、今のチームにはこういう時に立ち戻る場所もない。危うすぎる土台。J2での1年間とは何だったのか。

P.S.今日の美味G横丁は「大分唐揚げ」。

美味G横丁大分から揚げ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/558-6313fc6f