「変えない」という選択の未来は? ~平井将生のアビスパ福岡でのプレーを観戦して~

鳥栖戦の翌日、将生と寺田を応援しに「アビスパ福岡-横浜FC」をレベルファイブスタジアムに行ってきた。環境が変われば役割も変わりプレーも変わる。それはプレーの幅が広がるという事だし、その変化は成長だと思う。実際、自分のプレーを変える事を目的に移籍する選手もいる。将生と寺田がガンバ時代から移籍先でどんな成長した姿を見せてくれるのか。ガンバの試合を観るのとはまた違った楽しさがあった。

レベスタバックスタンドからの眺め
福岡サポの「福岡勝たせよ~ぜ♪」のチャントが気に入りました

■次のステップへ

寺田はチームの中心だと言っても過言ではない存在感があった。ガンバに一瞬復帰した2012年シーズンもその片鱗は見せてくれていたけど、一番変化した点は守備面。フィジカルが強くなって対人プレーでの弱さを感じなくなったのはJ2という環境がそうさせたんだろう。この試合のポジションは守備を強く意識したボランチで、終始バランスを気にしてプレーしていた。とは言え、最大の魅力はボールをもった時のプレーで、視野の広さが一人だけレベルが違った。味方の反応の問題もあってか、判断が遅れるシーンはたまに発生するのだけど攻撃の起点でもあり続けてた。間でボールを受け続け、的確にボールをはたける技術はヤットと重なる部分もあって、J2でプレーし続けるのは勿体ない。本人はこの先のキャリアをどう考えているのだろう。

■変えなかったスタイル

一方、将生は後半頭から出場。冒頭で「環境が変われば役割も変わりプレーも変わる」と書いたけど、結論から言うと将生のプレーは全く変わっていなかった。これが良い事なのか悪い事なのかは結果で判断するしかないのだと思う。スタメンを争う坂田ら福岡のFW陣がハードワークしているのを見ると、それをせずにひたすらゴール前でシュートを狙い続ける将生のスタイルは結果を出す以外に生き残る道がないとも言える。ただ、福岡にはヤットもフタもいない。良いパスはほぼ出てこない環境で結果を残し続けるのは楽な道ではやい。事実、この試合でも大半の時間で消えていた。あのプレースタイルはバイタルエリア以外での貢献度が低すぎると思うのだけど、全てを帳消しにする後半ロスタイムでの決勝ゴール。将生のサッカー選手としての生き様が凝縮されたような展開だった。決勝ゴール直前には決定機を外している事を考えると戦犯として扱われてもおかしくない44分間からの逆転劇。ガンバだったら途中出場途中交代の可能性もあった。そう考えると、パスは出てこないけど、使い続けてくれる今の環境の方がワンチャンスにかける将生にとっては理想の環境なのかもしれない。

両選手ともにチームに居場所がある事を確認できて安心した。元ガンバの選手は一部の例外を除いて移籍先での活躍を祈ってる。2人ともキャリアのピークは未来にある。

P.S.鳥栖(福岡)遠征ラーメン探検記第二弾は超有名店「一蘭」。訪れた天神店では全国でこの店舗限定で発売している「釜だれとんこつラーメン」なるものが存在するんです。味の違いは正直、分かりませんでした。

釜だれとんこつラーメン

一蘭天神店外観

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/551-f727da4d