【Jリーグ第5節】サガン鳥栖-ガンバ大阪@ベアスタ

【サガン鳥栖 2-0 ガンバ大阪】

鳥栖よりレベスタ経由で帰宅。今年の九州遠征は福岡でのプロ野球開幕試合と日程が重なってたり、新年度直前の週末だったりで航空券が通常より高かったのが残念。しかも、負けるという・・・。博多の夜を満喫してもなおガンバサポの苛立ちはおさまらなかったようで、試合翌日には幡ちゃんのブログをきっかけにちょっとした騒動まで勃発する始末。

留学を理由にフラれた彼女が帰国直後に別の男と付き合った的な感じですかね。自分には彼女がいるけど、忘れられない的な?ちょっと優しくされて逆に嫉妬心に火がついちゃったみたいな・・・全然違うか。まあ、新年度スタートと共に気持ちを切り替えていきたいものです。

■あえて言おう。審判が憎いと

敗因はそこではないがね。ただ、90分間終始苛立ちを覚えていた事も事実で、選手もストレスを抱えながらの試合になった事は間違いない。そして、そのストレスは集中力の奪う一因にもなる。実際、1失点目は納得いかないファールの判定に大いに抗議した後のセットプレーの流れから豊田をフリーにしてしまった結果。審判抗議後のプレーで失点というのはサッカーにおける典型の1つ。特にこの試合は前半、空中戦をほぼ抑え込んでいただけに個人的にはメンタル的にダメージの大きい失点だった。

じゃあ、敗因をどこに求めるのかといえば「点が取れなかった事」以外にない。前半はかなりの数のパスを回すシーンなどガンバらしいポゼッションが観られるも決定機の数はやはり乏しく。「覚醒した(by 長谷川監督)」阿部ちゃんも前節ほどの輝きは見せられず、佐藤も起点になりきれず、リンスがたまに個人技でスタジアムを湧かせるも、それはバイタルエリア外でのプレーだったりで攻撃の迫力不足は継続中。チームの戦術(スタイル)に得点が取れない理由を求める傾向が強いけど、個の力で負けている側面もあるのではないだろうかとちょっと思い始めている。

「ヤットをボランチに」、「リンスを最前線に」等々の意見が飛び交っているものの実際はどうしたらいいか暗中模索状態。課題は明確なのに、解決策は不明というのは辛い状況。守備は引き続き良い状態ゆえに現在のバランスを大きく崩すようなトライはリスキーな気もするし、いきなり監督の手腕が問われる序盤戦でございます。

P.S.どの地方に遠征に行っても結局、ラーメンを食べてしまう私的に鳥栖(福岡)遠征はボーナスステージ。今回お世話になったのは「一幸舎」さん。空港でもお土産品が販売される人気店です。

一幸舎ラーメン

博多一幸舎外観

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/550-7e0c18af