【Jリーグ第4節】ガンバ大阪-サンフレッチェ広島@万博

【ガンバ大阪 1-1 サンフレッチェ広島】

■ヤットの今後の起用法

「ナビスコカップ勝利の勢いをそのままリーグ戦にも」というのはガンバサポーター共通の想い。監督も同じ想いだったのかナビスコ好調組の阿部、明神、リンスをスタメンに抜擢。佐藤が外れてFWヤット再び。ヤットFW起用の意図は良く言えば「ヤットの守備の負荷を軽くしたい」、悪く言えば「ボランチ起用での守備は計算できない」ってところか。FWの相棒が前への推進力があるリンスである事、裏に飛び出せる阿部や倉田といった選手達が2列目にいる事を考えれば、浦和戦のような攻撃の手詰まり感はないとも判断したのだと思う。

結果は及第点。ヤット個人で考えれば得点という結果を出したので合格点という事になるのだろう。現状のチームでは密かにヤットは使いどころが難しい選手になっているような気もするけど、生き残る選手というのは誰の目にも明確な結果を出すんだなと。

しかし、ヤットFWはいつまで続けるんだろう。先週発売された某サッカー誌で宇佐美の4月中復帰の可能性が報じられた事で、宇佐美復帰後のヤットの使いどころを考えてしまう(まあ、今考える事ではないのだろうけど)。開幕前に準備していた宇佐美&ヤットの2トップ、リンス2列目という組み合わせに戻すのか。それとも、序々にフィットの兆しを見せ始めているFWリンスをそのままに宇佐美と2トップなのか。そうなると、ヤットは守備面を考慮して2列目起用が監督的には(表現が正しいかは分からないけど)落としどころという判断になると思うけど、今節攻守に貢献度の高かった阿部以上のハードワークを求めるとなるとレギュラー争いは簡単ではない。バイタルエリアでのチーム随一のクオリティの高さとセットプレーキッカーとしての役割もあるので簡単にスタメン落ちという可能性はないだろうけど、同じような役割であればフタも十分できる(フタのFW起用の方がリンスが活きる可能性があるのではないかとも)。

本職であるボランチでは、明神-今ちゃんのコンビが2試合連続で好連携。おそらく長谷川ガンバで最優先されるであろう守備面で、ヤットにあの2人が出したインターセプト数やタックルでのボール奪取数を求めるのは酷。そして、ウッチーへの評価も高いという状況。

チーム状態は今後も高まっていきそうな予感。今節も手応えの感じる内容。そういうチームにおいて、ヤットがどういう役割を果たしていくのか、監督がどのような役割を求めていくのか。ヤット自身のパフォーマンスは決して低い訳じゃない中で捉え方次第ではネガティブなテーマではあるものの、密かに注目ポイントだと思っている。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/549-89aac2fd