【Jリーグ第3節】ベガルタ仙台-ガンバ大阪@ユアスタ

【ベガルタ仙台 0-0 ガンバ大阪】

さすがに3試合目ともなるとこの守備的なスタイルも見慣れてきますな。守備陣個々のパフォーマンスも高まってきている。東口も今シーズン初めてファインセーブが出た。ただ、あと7ヶ月間このサッカーをするのは精神的にキツイと思うのだけど選手達はどう感じているんだろうか。もう少し攻撃に希望を感じられない事には守備に対する集中力が持たないと思うのだが・・・。

■新加入選手が序々にフィットしてきてる事を心の支えに

そういう意味では後半の途中からの出場という事を差し引いてもリンス&米倉のプレーが共に今シーズンベストだった意義は大きい。両選手とも1人でボールを前に運べるプレーができるのが今のチームにとって本当に助かるし、逆にそういうプレーができない事には点を取れる気配がないのですわ。序々にチームに特徴を理解され始めている感があったのが今節最大の収穫。リンスは1点取れば変わってくるような気もするのだよ。

そして、ナイスタイミングだと思うのが水曜日にナビスコを挟んでいる事。ここはテストの場とすべき試合かなと。前述のリンスはキープも佐藤以上に出来ていたので十分スタメンで使える目途は付いているし、米倉は一度右サイドバックでのプレーが観たい(加地さんのイージーミスや寄せきれない守備のシーンが出てきているので)。西野も一度このあたりで使っておきたいところ。他にもヤットのボランチ起用、フタとリンスとホットライン構築、阿部ちゃんだってそろそろ・・・etc.

現状のチームに対しては賛否両論あるようで、全ての意見にそれなりに納得感はある。ただ、「スタイル」と「チーム状態」を混同して議論している感もあるなと思っていて、そこは整理したい。前者に関しては答えなし。賛否両論やむなし。後者に関しては、私はネガティブ派。守備がどんなけ安定しようがシュート1~2本のチームの状態が良い訳がない。

まあ、嘘か本当か「攻撃は水もの」らしいので、次節の神戸戦は勝敗以上に点を取るという事に対して良い感触をつかんで欲しいと思うのでした。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/546-c97ba087