【Jリーグ第2節】アルビレックス新潟-ガンバ大阪@ビッグスワン

【アルビレックス新潟 0-2 ガンバ大阪】

内容はともあれ結果が大切なのだよ。結果を出す事で内容が改善されてくる経験は多々。先制した時の戦い方の上手さを確認できた事も収穫。正直、初勝利には時間がかかる可能性も感じていた中でJ1復帰初勝利の喜びは大きい。J2での1勝とは重みが違う。これが勝利の喜び。これが勝利の充実。90分間ずっとブーイングされた東口も達成感を持って大阪に帰っているに違いない。

■数少ない勝ちパターンにはまった一戦

「守」に重きを置き過ぎていた前節からどのようにバランスを取るかが今節のポイント。裏でボールをもらえ、前にボールを運べる倉田を最前線に、ヤットを一列下げ、フタに代えて米倉を2列目で起用したスタメンで修正も効果は微妙なところ。ただ、リンスがまだフィットしない現状を考えるとこの選択がベターである事も事実。

前半から先制点までの時間は攻守の切り替え早い新潟相手にレッズ戦以上にパスをつなげない展開。レオ・シルバの守備が強烈だったり、チームとしての完成度に明らかな差があったり、先制点くらっていたら完敗もありえた。そこで先制点を取られなかった事をチームの強さと捉えるか、アルビの逸機に助けられたと捉えるかで評価も違ってくるのだろうけど・・・私は後者かなぁ。楔のパスをシンプルに入れられる数も多かったし、守備は最後の最後で守り切れたけど、チームとして守れれていたという感じはレッズ戦時ほどしなかった。もちろん、マクロな目線であれば大幅に改善されてるけどね。

そういう展開でセットプレーで先制、カウンターで追加点というのは現状のチームにおいて数少ない勝ちパターンにはまったと思う。この戦い方で安定的に勝ち点を積み上げられるとは思えないので、引き続き攻守共により良いバランスを探る試合が続くんだろうな。

ただ、収穫もあって、特に2点目を決めた大森は2試合連続で途中出場から試合のリズムを変える事に成功しているし、先日のサポミで語られていた「ジョーカーがいない」という弱点を克服する存在になりえる。前述の通り、先制点後のサッカーは得点の可能性を感じさせるものだったし(当然と言えば当然だけど・・・)、内容に進歩がない訳ではないので後味の悪い勝利では全くない。

次節は仙台。監督が変わってチームの完成度はさほどまだ高くないであろうチームとこの時期にやれるのは悪くない。このあたりでそろそろリンス初ゴールが出てくるとチームに勢いが出てくるんだろうけどなー。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/543-c49e39c1