Jリーグがインドネシアで受け入れられるために

インドネシア国内サッカーリーグ観戦記の続き。前回の記事はこちら

今回のインドネシア遠征は実は2つの目的があって、1つ目は勿論「インドネシア国内リーグ観戦」。そして、2つ目はインドネシアで新たに開局された「WakuWaku JAPAN」というJリーグも放送するTVchの開局記念音楽フェスへの参加でした。

このイベントには日本のアーティストを代表して「flumpool」が参加した他、両国に縁がある「JKT48」も参加。驚いたのは想像以上に両方のアーティストがインドネシアの人に受け入れられていた事。特に「JKT48」の人気は絶大で、ああいうアイドル文化は日本独特のものだと思っていただけにイベント終了後はその要因を考えずにはいられなかった。

WakuWakuJAPAN.jpg

■JリーグがインドネシアにPRすべきポイントとは


そんな事をツイッターで呟いたところ「インドネシアにはあまりアイドルがいないんですよ」との返事が。「無いもの売る」。なるほど。納得感しかない回答。ああいうアイドルの文化やシステムはインドネシアにはなかったのか。

では、JKT48と同様に日本のコンテンツとしてインドネシアに売り込みたい「Jリーグ」は何を売りにすればいいのだろうか。ISL(Indonesia Super League)には無くて、Jリーグにはあるものとは何なのか。アイドル(JKT48)と違うのは、既にプレミアリーグをはじめJリーグのライバルとなる複数の「サッカー」というコンテンツが多くの人に受け入れられている点。

まず、「オンザピッチのクオリティ」ではJリーグはライバル達と戦えない。そもそも選手のネームバリューで勝ち目がない。そして、スタジアムの熱狂度という点に関してはインドネシアにも負けている気がする。プレミアリーグを観まくっている国民ゆえにワンプレーワンプレーに対するリアクションは玄人のそれだった。Jリーグオリジナルの魅力とは何なのだろう。マスコットの愛らしさ・・・以外にPRできるものはないものか。

強いて言えば、熱狂度では劣るものの、Jリーグの多種多様なチャントやコレオグラフィは多少興味をもってもらえるかもしれない。ISLはチャントの種類が少なそうだったから。私が観た試合では両クラブ共に3~4種類くらいのチャントで90分間回していた。レッズの応援あたりは派手だし喜ばれそう。コレオも凄い。もしくは、日本ではネガティブに捉えられる鹿島の「F●CK YOU ●●」みたいな弾幕もインドネシア人は好きかもしれない。インドネシア人サポーターの中指立ててる率はえげつなかったから。まあ、相手は審判だったが。そういう意味ではガンバの審判批判チャントは速攻採用だろう。家本主審のドキュメンタリーも制作しよう。あんなにサポーターから嫌われた経験のある審判と審判非難大国のインドネシアサッカーの相性は悪くないはずだ。

インドネシアサポーターコレオ

インドネシアサッカー審判

■JリーグとISLの人的交流の促進


ただ、現実路線で真面目に考えるとJリーグ~ISL間での選手移籍の活性化が一番てっとり早いんだろう。「異国で活躍する国内スター選手」というコンテンツ。もはやJリーグオリジナルコンテンツでも何でもない気もするが、インドネシアサッカーの歴史で過去実績がないもの・・・なはず。そして、このアプローチは我がガンバ大阪が既に開始している。さすがACL王者。視野が広いぜ。

これはインドネシアで受け入れられているプレミアリーグほどJリーグのレベルが高くない事を逆手にとった考え方。とはいえ、私が観た限りではISLは攻守の切り替えが信じられないくらい遅かったので、プレミアリーグほどレベルは高くないにしても、そこを大切にしているJリーグでのプレーは苦労するかもしれない。少なくとも長谷川健太ガンバでは使われないだろうなぁ。ぐぬぬ、乗り越えるべき課題は多そうだ。

という事で、「Jリーグがインドネシアで受け入れられるために」なんて大袈裟なタイトルを付けておきながら結論らしい結論を書けないままこの記事を終了する事をどうぞお許し下さい。何かアイデアがある方はコメント欄やツイッターで是非教えて下さい。では、サンパイ・ジュンパ・ラギ!

ISLエンブレム

関連記事:【インドネシアサッカー観戦記】カオスがもたらす熱狂のスタジアム

コメント

ひろさん>コメントありがとうございます。インドネシアはクラブサッカーの人気が凄いので外国での試合は絶対観てくれますよ。完全ガンバの金で招待となると予算的に厳しいので、むこうでの放送権で多少ペイできるとか、スポンサーを集めるとか出来れば可能性は全然ありますよね。6月には実際にむこうに行ってガンバは試合する訳ですしね。

思いつきですが

新スタのこけら落としに、インドネシアのチームを招待するとかどうですかね。

あと、東南アジア各国の有力チームを招いてのミニトーナメントとか。ヨーロッパでは、プレシーズンによくやってますよね。

その試合をTVなりWEBで配信すれば、見て貰えないですかね~

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/541-3805be17