【書評/読書感想】「輪になれナニワ」(佐藤俊)

シーズンレビューを兼ねて今回はこの本の書評/読書感想を。著者や本のタイトルからも分かる通りガンバ本。内容的は1993年のJリーグ開幕から西野政権終了の2011年シーズンまでの簡単なシーズンレビューと、選手のコメントを多く引用する形での昨シーズン~今シーズンの深堀りレビュー。

選手のコメントを読む事で今シーズンの試合の映像が甦ってくるし、選手達がJ1での戦いを見据えてJ2のシーズンを過ごしていた事を改めて知る事ができる。ヤットの若手選手に対する「でも、みんな、本当に成長したかどうか・・・」という厳しいコメントが象徴するように、今年のガンバはまだ決して完成形ではない事を再認識させられた。

輪になれナニワ

月別に複数選手のコメントが紹介されているのだけど、一番意識が高いと感じたのは倉田。個人としても、チームとしても目指している目標地点が高い事が伺いしれる言葉が多数。チームの課題の捉え方も具体的で、キャプテンであるヤットは達観している印象もある中で、実質チームを引っ張るのは来シーズンも彼なのかなという気はした。

宇佐美も意識は高いのだけど、どちらかというと個人のプレーに対する向上心が中心で、FWというポジション柄から考えても、とりあえず宇佐美はそれでいい。

そして、今ちゃんが相変わらずマジメというか、ネガティブというか、反省中心の言葉ばかり発していたのも「らしい」感じがして面白かった。まあ、不調だった9月のレビュー担当だった事もあるけど、代表でも不調時期が重なっている事もあったようで、色々苦労した模様。ちなみに、一時期、立ち上がりに失点しまくった事に対しては慎重に試合に入った事が逆に相手に精神的優位を与えてしまったという分析。妙に説得力を感じてしまった。

「来年が本当の勝負だ」という気持ちはクラブ(強化部)も同じようで今シーズンオフの補強は積極的かつ的確。東口に、米倉に・・・未来を感じる選手も加入して、また大きな伸びしろがあるチームに生まれ変わりつつあるのはサポーターとしても応援のし甲斐倍増という感じ。あとは、本書で今ちゃんが宇佐美やフタにボールが入った時以外は攻撃のスイッチが入りづらい主旨のコメントを残していたり、ヤットが点の取れる外国人の必要性を説いていたりする事からも分かる通り、攻撃的な選手の補強が決まれば満点でしょう。

今からサカダイの補強診断特集号が楽しみになってきた。


※過去の書評/読書感想のエントリーはこちら

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします

 





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/530-e4ef70e4