新聞記事でガンバ大阪の歴史を振り返る (♯1 Jリーグ初優勝&ナビスコカップ初優勝)

いきなりですが、新聞記事をラミネート加工するのが趣味なんです。特にガンバの記事。過去のガンバの記事を読み返して思い出に浸るのが好きなんです。シーズンも終わって暇なので、そんな私の趣味の一部を年代別4回に分けて公開します。

1 Jリーグ初優勝(05年)&ナビスコカップ初優勝(07年)
♯2 ACL優勝(08年)&CWC3位(08年)&天皇杯制覇(08年-09年)
♯3 天皇杯連覇(09年-10年)&南アW杯(10年)&西野時代終焉(11年)
♯4 J2降格(12年)&J2優勝(13年)

今回紹介するのは05年のJリーグ優勝と07年のナビスコカップ優勝。05年のJリーグ優勝は新聞ラミネートの趣味をはじめたきっかけの出来事。一生の思い出を綺麗な形で保存したくて色々方法を調べて行き着いた結論がこれ。スポーツ新聞5紙の1面をラミネート加工するのはサイズ的に市販の機器では不可能だったので、実は最初のラミネートは業者に特注して加工してもらったもの。結構いい値段したけど、お金には変えられない思い出。我ながら英断だったと今でも思う。ちなみに、残念ながらその最初にラミネート加工したスポーツ新聞5紙はサイズ的にスキャンが出来なかったため今回のエントリーでは紹介できません。ツイッターで写真撮影してUPするので、興味がある方はそちらをご覧ください。

■2005年Jリーグ初優勝

まだ「ガンバの顔」がツネ様だった時代。ツネの涙に多くのガンバサポも涙した。また、レジェンド松波の引退シーズンだった事も感動に拍車をかけた。まさか7年後にガンバサダーになるなんて・・・。ヤットの写真が全然掲載されていない事が今では驚き。このタイミングで来シーズンの加地さん獲得の第一報も。ガンバ黄金期スタート。

ガンバ大阪05年Jリーグ初優勝①

ガンバ大阪05年Jリーグ初優勝⑤

ガンバ大阪05年Jリーグ初優勝②

ガンバ大阪05年Jリーグ初優勝③

ガンバ大阪05年Jリーグ初優勝④


■2006年

新聞なし。つまり、タイトルなしのシーズン。ただ、2006年も間違いなく面白いシーズン。加地、明神、幡戸といった黄金期の主力加入。罰ゲーム以外の何物でもなかった真夏の「A3 CHAMPION CUP」ではヤットがまた千葉相手にPKを外し、コロコロPKが過渡期を迎え、ACLでは伝説のダナン戦15-0。Jリーグはホーム最終戦、マグノ奇跡の勝ち越しヘッドで夢を見たものの、最終節は埼スタで悔し涙。天皇杯決勝では圧倒的に攻めながらまたしてもレッズに負けてツネの海外移籍に花を添える事ができず。セレッソJ2降格の時期も重なって、レッズとのライバル関係本格化→ナショナルダービーへ。

■2007年ナビスコカップ初優勝

ミチがブレイク。調子に乗ったヒーローインタビューで対戦相手の川崎サポからブーイングを受けたのは彼のキャリアのハイライトになるに違いない。西野の閃きで後半3バックへのシステム変更が印象的な試合。加地さんのスーパークリアも炸裂。ちなみに、ゴール裏では05年ナビスコ決勝で負けている事をふまえたスタメン紹介前の煽りVTRに試合前から多くのガンバサポが号泣する異常事態。前年、ツネが海外移籍し、ヤットがチームの顔に。個人的にはこの年のガンバが一番強かったと思ってる。ノリさん引退シーズン。

ガンバ大阪07年ナビスコカップ初優勝①

ガンバ大阪ナビスコカップ初優勝④

ガンバ大阪07年ナビスコカップ初優勝③

ガンバ大阪07年ナビスコカップ初優勝②

ガンバ大阪07年ナビスコカップ初優勝⑤

次回はACL制覇の08年シーズンの新聞を紹介します。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。



ツイッターもよろしくお願いします。

コメント

kuro さん>ラミネーターという機械でやるんですよー。

これは凄い 財産ですねー
新聞のラミネートどうやってるんですか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/525-f3dabd4e