【J2第37節】ガンバ大阪-カターレ富山@万博

【ガンバ大阪 3-1 カターレ富山】

「GAMBA FAMILY」の藤春インタビューで本人が「試合後は疲労で倒れこみたい」といった趣旨の発言をしていたのだけど、それはつまり「全力を出し切れる」と同義で、実は無限のスタミナを持っている事よりも重要な才能なんじゃないだろうか。高いポテンシャルを感じつつも、それがパフォーマンスにつながらない選手は数知れず。

そんな藤春しかり、倉田、宇佐美・・・次世代のガンバを支えるべき選手達が皆、全力を出し切れる強いハートを持っているキャラクターなのは頼もしいなと試合後のインタビューを読んでいても感じる。そして、そんな選手を指揮するのが長谷川健太監督というのも相性悪くない。今のガンバは強くはないけど、2~3年前より未来を感じる。数年後を見据えて試合を観る・・・そうすれば穏やかな心も併せ持てるかもしれない。そんな新境地に至りつつあるJ2の秋なのであります。

■メンバー変更の功罪

負けたけど内容には改善が見られた天皇杯・大宮戦の流れをふまえてのスタメン。唯一の失点はセンターバック西野とボランチ今野の連携ミス(元凶はヤットの雑なバックパスだけど)という事でネガティブに作用した部分もあるものの、天皇杯もない、京都に迫られているとはいえ、昇格もほぼ決まっている中で最優先は来シーズンへの投資。そういう意味でも意味あるスタメンだった。

高さで跳ね返せる西野はJ2レベルでも高さでやられ続けた事を考えれば使って育てるべき存在だし、逆にロチャはヤットがFWで使われていたり、将生が途中出場している事を考えると来シーズンはいないかもしれないなぁと思ったり(契約はどうなっているんだっけ?)。

「2013ガンバ完成形」はサポーターの中で好んで話されるテーマの1つだと思うけど、守備では岩下の復帰、攻撃では大森-倉田-宇佐美の連携に厚みを持たせてくれる(と期待される)佐藤の復帰が来年を見越しても一度見てみたい組み合わせ。昇格Xデーとして可能性が高そうな京都戦あたりで披露されると、ある程度の期待感と共にシーズンを締めくくれるんだけどな。

P.S.来週の徳島遠征は久しぶりにビジネスホテルではなく「かんぽの宿」をJリーグ遠征としては初利用させて頂きます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。



現地での小ネタはツイッターで。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/513-24ba3ac4