【J2第35節】ガンバ大阪-愛媛FC@万博

【ガンバ大阪 0-1 愛媛FC】

なんて退屈な試合なんだ。立ち上がりに失点しなかった事以外に良かった点を見出す事は難しい。相手ベタ引き→崩しきれず→ワンチャンス(セットプレー)で失点でサッカーの鉄板展開も、失点後の戦い方はあまりにも無策過ぎる。1枚目の選手交代で入った将生は例の如く行方不明になり、2枚目~3枚目の選手交代も明確な意図(指示)があったのかなかったのか、攻撃のリズムは全く変わらず・・・。

そして、最後はちびっこ軍団の期待感0%パワープレーで試合終了。高さなし、ミドルシュートなし、ダイレクトプレーなし・・・今日の愛媛のような戦い方はある種J2で戦う上で一番想定しなければならない戦い方だと思うのだが。俺は最近、土曜日は甲府のパトリックのプレーばっかり観てるよ・・・なんてな。ただ、長谷川監督はどう考え、何を選手に伝えているかは分からないけど、今日のプレーでJ1でもピッチに立てる選手は何人いるかな。昇格がほぼ見えてきたここ数試合での失速ぶりは来シーズンへの不安を煽る。J1でも戦えるって事をアピールする残り7試合でもある事を意識して、危機感をもってプレーして欲しいね。岩下&倉田が復帰したら雰囲気を締めてもらいたいもんだ。おっと、1人忘れてた。契約延長が決まった長谷川監督も改めて気を引き締めて頼みますよ。

■声で緊張感を生み出す

ここから先は完全に余談。私は自身もサッカー(フットサル)をプレーするのだけど、涼しくなってきて運動量が増えてきているのは当然の事ながら、声も明らかに夏より出てきてる事をこないだ発見した。「声を出す」って好循環を生みだすんですよね。相手への激励、要求。それに伴う自らの責任。チームに悪い作用が何も働かない。相手に対する「おい、こら」みたない声でさえ力なる(※注・個人差があるかもしれません)。プレシーズンに声を出す事を長谷川監督が大人しいチームに要求したって記事が出てたけど、あれは浸透したのかな。声出していこー。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。



ツイッターもお願いします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/507-4dd33bf8