「アルプス一万尺」の歌い方 ~松本遠征記~

試合前、松本山雅サポーターによる「アルプス一万尺」のチャントが終わった瞬間、ガンバゴール裏から拍手が起きた。直後、それに対してガンバコールリーダーから注意があった。「拍手なんてしてるメンタリティだから、俺達はいつまで経ってもあれ(アルプス一万尺)ができないんだ」といった趣旨の事を言っていたと記憶している。言いたい事は分かる。目指しているゴール裏の雰囲気も分かっているつもり。共感だってしている。だから、私も心の中では「うおおぉぉぉぉぉぉ!すげぇぇぇぇぇ!!!」と思いながらも「だから?(ニヤニヤ)」みたいな顔をしていははずだ。

ただ、仕方ない。きっと皆、反射的に拍手をしてしまったんだと思う。私だって鳥肌が立つのまでは隠せなかった。埼スタ、ユアスタ、日立台・・・色んな熱狂を生むスタジアムを何度も経験してきたが、山雅サポの姿は他クラブに負けないくらい凄かった。こんなに感情高ぶるスタジアムがまだ日本にあったなんて。あのチャントを聞いて試合へのスイッチが入ったし、今シーズン初めて、相手サポーターにライバル心を持った。

サポーターとして原点のような気持ちにさせてもらった今、改めて考えたい。何があの熱狂を生むのか。「アルプス一万尺」が出来る様になるためにサポーターが持つべきメンタリティとは何なのか。

アルウィン1
熱狂を生むスタジアム「アルウィン」

■サポーター成熟過程の違い

私はガンバ大阪のサポーターなので、ガンバ大阪との比較から考えたい。ガンバ大阪はJ2では勿論、J1でもトップクラスのサポーター数を誇っている。アウェイ戦への動員数等から考えると「熱狂的な(コアな)」サポーターの数も多い。これは2005年のJリーグ優勝をきっかけに積み重ねてきたタイトルの成果(財産)の1つである。

一方で松本山雅はクラブの誕生過程が違うので単純比較はできないものの、地域リーグからJ2に昇格する過程であれほどまでのサポーターが育っている。ロック総統の名言「“今そこにある”サッカーを愛せ!」のメンタリティであの熱狂が生めるのであれば日本のサッカー文化成熟の未来は明るい。地域リーグやJFLを経験しているからこそ生まれるクラブへの愛や一体感もあるのかもしれない。

しかし、同じような過程を歩んできたクラブが全て松本山雅のようにはなっていない。松本山雅には長野パルセイロとのライバルクラブが存在するが、それだけで熱量があそこまで大きくなるとは思えない。天皇杯でレッズサポの応援を経験した事もターニングポイントになったみたいだが、同じような経験は他のクラブも積んでいる。何か他にも理由があるはずだ。

■コミュニケーション能力の高さ

今回の松本遠征で体感した事から仮説を立てる。アルウィンの熱狂の源、それは松本山雅サポ(松本市民)の「コミュニケーション能力の高さ」をベースとした「勉強熱心さ」である。

今回の松本遠征ほどアウェイ遠征時に現地の方から声をかけられた事はない。「今日はお疲れ様でした」、「ありがとうございました」なんて当たり前。シャトルバスの中では唐突に「これ良かったら」とガンバサポの私に松本山雅の試合スケジュール表を渡され、先にスタジアムに着いていたサポ仲間は同じく唐突に山雅サポからオニギリとお茶をご馳走になったそうだ。同様の出来事はガンバサポからツイッターなどを中心に沢山報告されている。

対戦相手のサポーターに対してもこんな感じなのだから、同じ松本山雅のサポーターに対してはもっと活発なコミュニケーションがなされているのだろう。開門前のアルウィンを散策したがまるで雰囲気はピクニック。運営スタッフすらファミリー。隣人とのコミュニケーションを避けがちな都会とは対照的な光景だった。

また、今回の遠征でもう1つ印象的だったのはツイッター上で多くの山雅サポがガンバサポの松本(山雅)に関する呟きをRT(拡散)やお気に入り(保存)している事。リアルの世界同様にWEBの世界でもコミュニケーションに積極的で、ガンバサポの呟きから未来の自分達を想像するツイートも散見された。松本山雅サポは他サポから学び、未来を想像している。

開門前アルウィン1
開門前のアルウィンの様子

■新しいビッグクラブの形

引き分けておいて偉そうな事を言って申し訳ないのだが、松本山雅はJリーグでオンザピッチのクオリティとサポーターのクオリティに最も差があるクラブだと思う。断っておくが、褒めている。オンザピッチの充実が現在のサポーターのクオリティを形成してきたガンバとは逆のパターンで、サポーターがクラブを牽引しているように見える。選手達にとっては最高の環境だし、そういう形で成長していった先にはどんなクラブの理想形が待っているのか興味深い。

話を最初に戻す。「アルプス一万尺」ができるようになるために必要なものを考えてきた訳だが、上記仮説は検討アプローチの1つにすぎないし、山雅サポに「全然違う」と一蹴されるかもしれない。ガンバにはガンバの、松本山雅には松本山雅の道がある。ただ、ガンにとってJ2を戦う今シーズン、過去20年とは違う方法で進んでいかなければならない1年間において、この松本山雅(アルウィン)との出会いは貴重だったし、一度立ち止まってこの先の道の進み方を考えてみるのも悪くない。

おもてなしアルウィン

※関連記事:【J2第34節】松本山雅-ガンバ大阪@アルウィン

コメント

旧姓あまゆみ さん>多少過大評価されている感はありますけどねw 

akirapapa さん>ご無沙汰しております。私も映像ではすごいスタジアムである事は知っていたのですが、体験すると全然印象変わります。未来を感じるクラブなのでまたJ1で行ける機会があるはずです。

山雅は平日のアウエーの万博にもバス9台以上で来られてて、凄いのは知ってましたが、コーくんの文書を読ませていただき凄いから恐るべしに、、、行ってみたかったです。すばらしいブログでした^_^

ガンバは誰もが認める!!

長野県人パルセイロサポの1人です。22日仲間4人とガンバ応援に行きました。A席だったんですが…回りは山雅ばかりでしたが、ガンバがゴールすると
「すげ~旨いな~」と感嘆している声が漏れて苦笑してしまった。やっぱガンバは凄いです!!

ぽにぼい さん>こんなに起承転結が素晴らしいコメントは初めてですw 話が出来過ぎていて映画の冒頭のシーンに使われそうですw まあ、全市民が納得できるお金の使い方なんて無いのですが、アルウィン単体ではなく、それがある事で回り回ってどういう効果を地域にもたらすのかを理解してもらえる時がくるはずです。

かなたに さん>ワロタw

アルウィンでの桃太郎チャントです。

思わず笑顔になっちゃうチャントですねー。

http://www.youtube.com/watch?v=gQP0slCGWbI

燻ってませんよー

話の引き合いにしてもらうのは、よくあるのですが、JFLにいるのは理由あってです。

初めまして、現地参戦したガンバサポです。 試合前日にユニ姿で松本市内を観光していた我々に犬の散歩をしていた年配の男性が声をかけてきました。 サッカーには全く興味がないと言わんばかりに市民の税金を投じて立派な練習場を提供することに様々な意見があると。市政や地元企業のことを長々と話された最後に「…で、山雅はどうなんだ?」とその表情にはサッカーはわからなくともわが町のクラブチームへの関心はあるんだよと思わせる笑顔でした。 そしてアルウィンでのあの一体感を目の当たりにした瞬間、地域に根付いたクラブなんだなと確信しました。 上のステージで再びあの街であのスタジアムで山雅と対戦出来ることを楽しみにしています。

かなたに さん>松本山雅サポはそういうメンタリティである事は想像通りですね。しかし、松本山雅といい、岡山といい、ご当地ソング羨ましい。

緩やかなつながり さん>「その楽しさを周りに伝えたいとも思っています」。これは一部ではなく、山雅サポ全体的にもっていそうな考えですね。

松本山雅サポ さん>多分、松本山雅サポのあの声援に煽られていつも以上に声が出ていたと思います。実際、そういう風な感想をもっていたサポ仲間も多いです。両サポーターの応援合戦で良い雰囲気がつくれるのはスタジアムの理想の形だと思います。

通りすがり さん>自分を客観視するのは難しいですからね。応援の様子などはYoutube等で記録には残っていますが、あれでは面白さは伝わらないのが残念です。見るものではなく、感じるものなんですよね。スタジアムの魅力って。

アルウィンに行ったガンバサポです。
試合後夕食を食べていたら、山雅サポから声をかけられて、一緒に食事をしました。
恥ずかしながら、試合後に他サポと食事をするのは初めてだったのですが、とても楽しい時を過ごせました。

そこでの話で興味深かったのは、ガンバサポの声量の大きさに山雅サポが非常に驚いていたことでした。
そして、あのアルプス一万尺を歌う自分たちよりも、ガンバサポの応援が上回っていたと、謙虚に話していたことです。
そこに嫌味な感じは全く無く、むしろ本当に自分たちの素晴らしさに気づいていないようでした。
意外と自分たちの良さって気がつかないものなのかもしれませんね。
これはガンバサポにも言えることかもしれませんが。

アルウィンの雰囲気はJ1と比べても間違いなくトップクラスでしたし、ガンバ戦の雰囲気は、その試合の中でも最高の雰囲気だったと思いますので、またJ1で戦いたいなと思いました。

先日はお疲れ様でした(^_^)ゞ

勝手にブログ拝見させて頂きました(^-^;)  ほめ言葉ありがとうございます(^ー^)しかしまだまだガンバサポさん達にはかないません(^。^;) 僕ら16000人に対しガンバサポさん達1000人であの迫力( ・_・;)正直圧巻でした(-.-;) 僕はゴール裏のほぼ真ん中あたりにいたのですが周りの仲間達も全員圧倒されてました(^-^;) 山雅はまだまだ力が足りません…が、いつの日かまたガンバ大阪さんと戦える日を楽しみにしています(^ー^) またいつの日かお会いしましょう(^_^)ゞ

6月にファジアーノさんが、アルウィンで桃太郎チャント&ビッグフラッグをした際、アルウィンは大拍手に包まれ、アンコールの声もかかりました。
コンサドーレサポの統一された拍手というかハンドアクションをすごいと感心しました。
ガンバさんの音圧に圧倒され、いつもの応援ができませんでした。

我々は40番目のチーム。
応援する楽しさだけは他チームに負けないようにしたいと思っています。その楽しさを周りに伝えたいとも思っています。
ノーアルウィン ノーライフ
知らないともったいないよって。

どのカテゴリーでも、なかなか勝てないチームでしたから、応援がいかに結果に直結するか知っているんです。

6月のファジさんの桃太郎チャント、アルウィンは大拍手に包まれました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/505-7ff45dcb