【J2第28節】ガンバ大阪-アビスパ福岡@万博

【ガンバ大阪 1-0 アビスパ福岡】

真夏に試合をすればこういう内容になるのはやむなし。見所が非常に少ない凡戦。戦術や個々の技術を無にしかねない暑さだったと想像するけど、隣のヴィッセルさんが負けているのを観ると、こういう逆境で勝ち点をどれだけ取れるかが最終的な差になってくるのかなとも思う。試合後、選手達が喜びよりも負け試合のような疲労感溢れる表情をしていたのが印象的。お疲れ様でした。水分取って休んでください。

■今日は実質60分ゲームだったのでは?

いつも以上に前にボールを運ぶ事に対してエネルギーを必要とする真夏という状況で、福岡に立ち上がりの決定機を決められなかった事が試合のターニングポイントと見てる。先制点の意味はいつも以上に大きかったはず。後半にも最初の15分位でDFラインの前のスペースを埋めきれずミドルシュートを打たれるシーンが続いたけど、前後半共に時間が経つにつれてプレーのクオリティが下がり、危険なプレーは減っていった。元気な時間帯での決定力の差が勝敗を分けた感がある。

試合前から厳しい状況になるのは分かっていたとはいえ、ガンバの交代カードがさほど機能しなかったのも苦しい状況に拍車をかけた。交代投入の選手が活躍するか否かに関しては結果論的な部分はあるけども、交代させる選手の選択はもっと違う選択があったのでは。久々に選手交代策批判。

具体的に言うと、大森の交代が解せない。少なくとも1枚目ではない。交代直前も攻守の切り替えは早かったし、愚直にパス&ゴーを繰り返せる大森の存在が攻撃のリズムを生んでいるように見えたけどね。チーム全体として機能しなくなりつつ時間帯で個で前に運べる大森の存在はこれからより際立ってくる・・・そんな風に見ていた矢先の交代だっただけに、意図がどこにあったのか記者の方々是非聞いてきて下さい。

■来週も同じような状況だと思うので・・・

もう数試合は過酷な状況での試合が続きそう。運動量が求められる状況で個人的には今節3枚目の交代で入った武井に期待したい。というか、武井が存在感を取り戻すのはこのタイミング以外に考えれれない。器用ではないものの、やる気が見えるプレーで選手とサポーターにも勇気を与えれる武井の存在は貴重。今年は多くの選手が起用され、活躍している中で特に中盤では唯一輝けていない存在とも言える。復活を待ってる。


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。



ツイッターもお願いします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/492-be4764c4