【J2第21節】ガンバ大阪-徳島ヴォルティス@万博

【ガンバ大阪 2-0 徳島ヴォルティス】

「手堅い」事を「物足りない」と感じてしまっている部分はあると思う。この物足りなさは不満ではないと自己分析してる。馬鹿試合が当たり前だった時間を長年過ごしてきた病。負ける要素はあまりない内容で淡々と勝ち点3を重ねた。今年はそれでいい。試合中、ちょっとだけ眠くなっちゃうけど。

■再スタートで結果を残した将生

暑さ。メンバーの入れ替え。それらの要素を考慮すると今日の結果はナイスゲームと結論づけた。今日のキーマンだった将生が結果を残し、久しぶりにコンビを組んだ岩下&丹羽の守備陣が完封。特に将生はポストプレーでボールを失う事も少なかったし、岩下の声に動かされたのか、真面目にトレーニングをやってきた成果か、守備をマジメにこなすという今まで課題と認識される部分でも及第点の動きができた事がゴール以上に個人的には嬉しかった。最後は守備時のスライディングで足を攣っての交代という彼にとっての新境地を開拓。

とはいえ、今日のゲームにおいてポゼッションの割には前線で起点がつくれず、厚みのある攻撃が出来なかった事も事実。タイプ的にはこのポジションの適正は川西の方があるのかなという気もするし、引き続きメンバー間での切磋琢希望。

■安定感増すベテラン

前半の2-0は藤ヶ谷のファインセーブありき。完封は足がとまる後半のきつい時間帯にこそ体をはれる明さんのカバーリングありき。表のMVPが将生とパウなら、裏のMVPはこの2人。メンバーの入れ替えがあると多少チームはバタつく中でチームに安定感を与えていたのはこの2人のプレー。2人も「復調」がキーワードで、厳しい時期を乗り越えての充実のプレーである事にキャリアを重ねてきた凄さを感じた。

特に明さんの復調はこれからの季節を考えると密かに宇佐美復帰と同じくらいの重要度かも。今ちゃんとヤット戻ってきたらボランチはどうするかねぇ。


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。



ブログの補足、試合以外はツイッターで。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/480-ceb0dded