【J2第17節】ガンバ大阪-栃木SC@万博

【ガンバ大阪 3-0 栃木SC】

圧勝というより楽勝という方がしっくりくる試合。結局、ガンバの代表選手抜けよりも栃木のパウリーニョ抜けの方が影響が大きかったという事か。3得点も全て効率の良い形で取れたし、展開的に上手くハマった。後半は省エネになって見所は少なかったけど、前半で3-0だったしあんなものかな。途中出場の武井も含め、出場機会の少なかった選手で戦う6月の初戦として好スタートきれた。

■勝負のポイントは両ボランチだと思っていたけども

代表抜けの試合ではボールがスムーズに運べない事が多く、その部分をどう解決するのかが試合前は注目だと思ってた。おそらくそうした過去を踏まえての岡崎の起用だったはず。てっきり5月に途中出場で繰り返し起用していた明神で代役は決まっているものだと思っていたので、意外ではあったけど納得感はあった。ウッチー&岡崎のコンビなのでボール回しの部分ではスムーズにいくのは予想がついて、ポイントは逆に守備。ここをどう対応できるかに注目点は変わった訳だけど・・・。

結論的には不安は杞憂に終わった。ただ、それは両ボランチが守備でも活躍できた・・・というよりも栃木の攻撃が全く脅威ではなかったという印象。普段、栃木の試合を観ている訳ではないのでパウリーニョの存在が攻撃においてどれくらい重要な存在なのかは分からないのだけど、全く変化をつけてこれない栃木のボール運びを観て、チームが変わってしまうくらい重要な存在である事は推測はついた。あの攻撃では今の順位にはいれないはずなので。素直なボール運びに両ボランチも対応しやすかったはず。ステップ1としては栃木には悪いけど非常に適した相手だった。

という事で真価が問われるのは次節以降。当初のポイントだと思っていた攻撃面では二人とも幅広く動いて貢献度は高かったと思います。久々の出場だった丹羽ちゃんも充実のプレーだったし、試合後のコメントを読んでいると周りの選手への気遣いもできる点がさすがキャリアを積んでいるだけあるなという感じ。こういう選手がベンチにいてくれるのは頼もしいし、そこをしっかり評価している事をコメントできる長谷川監督もさすが。こういうコメントの積み重ねでサポーターのサッカーへの理解度も高まりそう。J2の1年間、クラブの底力が高まっていく感じがする。J2降格クラブが昇格後、活躍できるの少し分かってきたかも。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加



小ネタはツイッターで。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/474-69aa6be5