【J2第16節】愛媛FC-ガンバ大阪@ニンスタ

【愛媛FC 1-2 ガンバ大阪】

祝!首位奪取・・・・って事で総括していいもんなんだろか。楽勝と思っていた試合で大苦戦。鳥取戦の時も思ったけど、良い試合が続いていても、急にこんな試合が出ちゃうだからサッカーは分からない。愛媛-ガンバの前に放送されてた神戸-鳥取戦の実況・寺西さん風に言えば「これがJ2です」って事になるのだろうか。まあ、とりあえず代表選手が抜ける前の試合で結果が出て安堵してる。

日曜ナイターという事で月曜日の仕事を優先して遠征を回避をしたぬるサポの私はツイッターのTLでしか状況は分からないものの、例のごとく愛媛もガンバ特需全開の様子。温泉、飯、ポンジュース、一平くん・・・楽しそう過ぎて月曜日会社ズル休みすれば良かったかと後悔した。主審も吉田さんが派遣されてJリーグをあげてこの試合を盛り上げようとする意図を感じた。ちなみに、TV中継でもなぜかJリーグ初心者仕様の解説でヤットに関する解説なんかは聞いていて5年前の中継かと錯覚しそうになった。現地組もお時間あればどうぞ。

■試合の入り方がすべて

結局、苦戦の原因は試合の入り方が悪かった事に尽きる。直接失点につながった加地さんのミスパスをはじめ緊張感のないプレーを連発。ここは意識の問題。愛媛だから逆転できたものの、神戸、千葉、京都あたりだったらどうなっていたか。スロースタートでも勝てるチームではなくなっている今、ここが最大の反省ポイント。試合の入りを間違えると取り戻すのに相当な時間と労力がかかる事を改めて代表選手が抜ける前に経験できた事は不幸中の幸いという事にしておこう。

次節以降を見据えるという意味では今日の途中起用でボランチには明神が入る事は長谷川監督の中では決まってるのかなと思った。今日の明神はプレー時間が短いから状態は判断できないけど、間違いなくキーマンになる。代表が抜けた熊本戦の内容が悲惨だっただけに正直心配。ただ、熊本戦と違うのは明神とダブルボランチを組むのが武井ではなくウッチーである点。長谷川監督は当然、6月の代表選手抜けも見越してのウッチー起用だったとも思うので、チームとしてもウッチーの今後のキャリアを考えても6月は勝負の1カ月になる。信じてる。頼むよ。

P.S.決勝点のヤット直接CKのシーン。相手GKのポジショニングに関してはチームの中で情報が共有されていたのかな。分析は西野時代はなかった視点だから興味深い。


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加



小ネタはツイッターで。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/473-962c3757