【読書感想】「眼・術・戦~ヤット流ゲームメイクの極意~」(遠藤保仁×西部謙司)

話題のヤット本「眼・術・戦」を読んだ。タイトルからも分かるように戦術本。戦術の話は文字だとイメージが湧きにくいので普段はあまり読まないのだけど、プレーを見慣れているヤットであれば大丈夫かなと思い購入。出版社が「サッカー批評」でお馴染みの株式会社カンゼンさんであった事も個人的にはポイント高し。

眼術戦


この本は「眼」「術」「戦」の3章構成になっているのだけど、3章を通じて共通のキーワードは「自信」。「圧倒的な」という修飾語を付けてもいい。言い換えるならば「超強気な姿勢」。このメンタリティーが全てのプレーのベースにあるように思えた。そこに技術的な根拠を加えている。勿論、元々のパーソナリティによる部分もあるんだろうけど、積み重ねてきた高い意識がその自信を形成した。

「リスクを冒す」事に何のためらいもない。ヤットの中では「リスクマネジメント」よりも「リスクを冒す」事の方に価値を置いてるよう。・・・いや、これは正確じゃない。ヤット的には周りの人がリスクだと思っている事を当然のプレーの選択と考えている節がある。こっちの方が理に叶っている。当然出来る。つまり、味方にも高い技術と共通理解が求められる。

そういう意味で所属するクラブが高い技術力を持つ選手が集まるガンバだった事はヤットにとってもクラブにとっても幸せな関係だった。本書の中でも日本代表とガンバが比較される部分があるのだけど、日本代表がW杯で腰がひけた戦い方をした一方でガンバがCWCでマンU相手にスタイルを貫いた事をポジティブに捉えている。

また、客観的に読むと「リスキーだなぁ」と思う事も、ガンバサポの立場で考えるとヤットのリスクを冒す思考(※本人はリスクと思っていないかもしれないけど)はガンバサポーターが求めるクラブのスタイルに近い。「ガンバはヤットのチーム」と言われて久しいけど、いつの間にかヤットの思考(志向)がガンバサポに大きな影響を与えていたのかもしれないと本書を読みながら、ふと思った。

リスキーだけど魅力的。ヤットの戦術眼は多くの人があこがれるであろうサッカーの理想そのもの。それが代表で実現できたらW杯でもいい結果が出るんだろうな・・・というW杯への期待を煽ってくれる。

ただ、ガンバサポ的にはこのヤットの考え方は西野時代のスタイルを思い出させ、懐かしさを感じる一方で、現状の長谷川ガンバのスタイルとは違う。特に守備の部分。どのあたりで折り合いを付けたのだろうか・・・と新たな興味も生まれた。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

このエントリーをはてなブックマークに追加


ツイッターもどうぞよろしく。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/460-b05bc05a