【J2第7節】ガンバ大阪-東京V@万博

【ガンバ大阪 0-0 東京ヴェルディ】

内容的には手ごたえを十分に感じる試合。守備面での意識を落とさずに課題であった攻撃の多様性が復活。前半立ち上がりから今までの迫力不足な攻撃が嘘のような連携で決定機を連発演出。むしろ攻→守の切り替えは最近より高まったような印象で前線でボールを奪い返しての二次攻撃、ショートカウンターというハマり具合で好循環の前半。倉田を中心とした前線からの守備での献身と今ちゃんとボール奪取力と、ハマった。

「激情家」三浦ヤス監督の東京Vファイトクラブがガツガツくるチームである事は分かっていたし、実際アフター気味のタックルも多く、苦手なタイプのチームかもしれないなと思った不安もどこへやら。「負けたら拷問」(※想像です)の東京Vの選手達にギリギリで耐えられるも選手個々の能力差は明らかでチームとしても埋めがたい差があったように見えた。この印象は試合終了まで変わらないし、内容的には5-2くらいの結果が妥当。

じゃあ、なんでスコアレスドローなのか。まあ、「ただ外し続けたから」としか言いようがない。長いシーズンこういう試合が発生する事は理解しているものの、東京Vのプロレスラーみたいな風貌のGKが当たっていた訳でもなく、自らに原因がある単純に外し続けた結果なので「こういう日もあるさ」で心情的には片づけられない。ホームで勝てていない事と、ここで連勝できていれば波に乗れたかもしれないという想いが悔しさに拍車をかける。

一方でこういう展開は先日の代表対ヨルダン戦じゃないけども、相手に1チャンスを決められて負けてしまうパターンのゲームも多い中で、今日は数チャンス(ピンチ)あった中でドローに持ち込めたのは不幸中の幸い。こっちは藤ヶ谷の頑張りによる部分が大きい事は間違いないし、その頑張りに守備の神様が応えてくれたのか今シーズン安定してポスト&クロスバーが味方についてくれている。

客観視すればJ2らしいお互いに決定機を決めきれない試合だったのかもしれない。まあ、先が暗くない引き分けではあるものの、残念感は強い。レアンドロもっと頑張れ。

■アキの裏でもらう動きが攻撃を活性化

前述の通り、内容は良かったと思うのですよ。前回のエントリーで書いた「リスクを負わない」「3人目の動きがない」迫力不足の攻撃が改善。一番大きかったのはアキが無難に足元でもらってさばくだけのプレーから裏やタッチライン沿いなど広く動いて起点になってくれた事で流行りの「幅をもたせる」ような効果が生まれた事。結果、アキはためも作れるので今ちゃんがやたらゴール前に進出したり、レアンドロがフィニッシュに絡むシーンが増えたりと攻撃に厚みが生まれた。

アキが右サイドに位置取る事が多いので最近は自重気味だった加地さんのオーバーラップのシーンが増えるなどの副作用も。個人的には右サイドの攻撃の回数がガンバの攻撃の調子のバロメーターなんじゃないかと実は思っていたりする。あとはもう1枚前線で起点になってくれる佐藤が復帰すれば更なる攻撃の厚みが出てくるはずなんだけど、アキが今日見たいなプレーを続けてくれれば攻撃は復調してきそう。

心配はいらない内容かなと思う一方で波があるチームでもある。代表抜けでチームが変わる課題もある。先は長いとはいえ、勝ち点に差が出てきたのは不安。次は山形。私も3年ぶりに夜行バスを使って参戦します。

P.S.晃大観たかった。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

このエントリーをはてなブックマークに追加


補足はこちらで。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/458-e0df52de