【J2第3節】ガンバ大阪ー横浜FC@万博

【ガンバ大阪 0-0 横浜FC】

前半終了時の期待感はどこへやら。後半は長崎戦同様に沈黙の45分間。ロングボールを蹴られ続けるような展開ではなかったけど、終始ポゼッションに握られ続け、カウンターを狙う展開。スコアレスでこの展開は虚しすぎる。こんな試合を続けてしまってはガンバがJ1昇格筆頭候補じゃない事がバレるのは時間の問題。昨シーズンも後半、ガクンとパフォーマンスが落ちる試合が結構あったけど、今年も春先の試合からこれじゃあ先が思いやられるなぁ。

ただ、全く改善がなかった訳でもない事も事実。前半はレアンドロ復帰で前線に起点ができた結果、攻撃の多彩性が復活。フタやヤットが前をむいてボールをもてる結果、両サイドバックのあがる時間(タメ)も作れるなど攻撃の選択肢が多い中でのコンビネーションは我々が期待している攻撃的なガンバの姿。今ちゃんのボランチ起用の効果もあってセカンドボールを奪ってからの二次攻撃、三次攻撃の姿に大いなる自信を感じていたんだけど・・・。

また、頼もしかったのはファール気味で激しくこられた球際の攻防に対しても負けずにファイト出来てた事。特に倉田の献身的な守備は後半になっても継続されてて、倉田の守備から横浜FC・松下のイエローカードを引き出したのは前半の主導権を握れた要因の一つ。京都戦で感じて、長崎戦で感じなかった球際の激しさや守備の献身性が復活したのは大きな変化。不安視されてた「高さ」対策も西野の起用という積極的な回答を健太監督が用意。攻撃面でのパスミスは散見されたもののデビュー戦としては大久保にしっかり体を寄せ続ける最低限のミッションはこなしていたかと思うので及第点。

1~2節で課題になっていた「攻撃のバリエーション(起点が作れない)」、「『高さ』&『DFライン前』の守備(明神の不調)」、「球際の激しさ(長崎戦限定。意識の問題)」の全てに対して一定の回答が揃ったと言っていい前半の出来に久々に心躍った。

なのに・・・なのになぜ。後半は「例のごとく」防戦一方と表現しても過言ではないでしょう。相手のラストパスやシュートのクオリティの低さに助けられ続けただけの45分。ガンバ側の見所なし。シーズンオフにメディアに出まくりだった城福監督(甲府)の「J1とJ2はフィニッシュの精度が違うんですわー」的な言葉を思い出した。う~ん、直近では千葉戦あたりはこうはいかない気がする。

そして、その千葉戦には代表組がいないと。DFラインは引き続き岩下&西野かな。直近の結果だけを追い求めれば丹羽ちゃんという選択肢もあるのだろうけど、高さのある選手がモノになってくれれば大きい。今年は将来を見据えた1年だからね。で、ボランチは今節から総入れ替えになる訳だけど、明神は決定として相棒をどうするかね。序列的には武井なんだろうけど、展開力を考えれば内田?岡崎?いや・・・ここでボランチ家長の予感。西野と同じ発想で将来を見据えれば武井の起用で成長を促したい気持ちもあるけど・・・。

いやいや・・・J2難しいぞ、おい。

P.S.藤ヶ谷にも触れておきましょう。3節連続で安定。今節前半のファインセーブもさる事ながら、後半の早い飛び出しでピンチを救ったシーンに確かな変化を感じた。一昨年は好調、昨年は絶不調という流れなので今年は好調の年なはず。活躍を続けて、失った信頼を取り戻して欲しい。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

このエントリーをはてなブックマークに追加


小ネタはこちらで。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/453-7a6fe81a