【2013 宮崎キャンプレポ】<練習試合>ガンバ大阪ー町田ゼルビア@宮崎

【ガンバ大阪 5-1 町田ゼルビア】

今年も宮崎キャンプ地巡りの旅に行ってきました。会社の上司には出来うる限りの険しい顔で「いや・・・金曜日はどうしても会社を休まなければならず・・・。えっ?・・・まあ、家庭の事情と言いますか・・・」的な説明で有給休暇を取ったのですが、明らかに日焼けした顔を週明けどう説明するかはまだ考えていません。

今回の旅では「ガンバー町田(練習試合)」、「甲府ー大学選抜(練習試合)」、「ガンバ練習(回復トレーニング)」、「仙台ー蔚山現代(練習試合)」、「仙台ー札幌(練習試合)」を見学。その中で「ガンバー町田」の練習試合をこのエントリーではレポート。

※余談ですが、往路の飛行機に乗り遅れてキックオフ予定時間の11時には間に合わなかったのですが、キックオフが12時に変更になるという奇跡で45×2、30×1の全てをチェックする事ができました・・・危ない危ない。

試合風景1
ピッチに近い位置で観戦できます。指示の声が聞こえます。

スタメンはクラブがオープンにしていないので一応このブログでもクローズにしますが、いわゆる主力組が出場。後半70分過ぎくらいから+30分×1にサブが組出場という流れでした。報道もされてましたが、今野の攻撃的MFなど後半は多少メンバーとポジションをいじってきて、組み合わせや適正も探りつつチームを仕上げていっている段階という感じ。

試合展開は「今年はこういう試合が増えるんだろうなぁ・・・」と思わせる内容で、ガンバがポゼッションを握り続けて相手陣内でパスを回し続けるものの、ブロックを作って守る相手をなかなか崩せないという定番のやつ。結果は5-1だけど、スコアほど楽勝ではなかった事を明記しておきます。ただ、後半は町田も点を取りに来たのか比較的オープンな展開になったがゆえに実力差が明確に。そして、3-0からは町田の気持ちが切れて、前半は出ていた声は消え、秋田監督の声がピッチに響き・・・。4点目5点目はおまけ。

しかし、こういう戦い方をしてくる相手が増える事が予想される中でどう崩していくんだろうか。この試合も最初の15分くらいは倉田や阿部の飛び出しやダイレクトプレーを交えた攻撃に期待感があったけども、相手が慣れてからは完全に膠着。そうした中でも決定機は1~2回はあるし、それを決められれば全く問題ないという考え方もある。ただ、「ただし、レアンドロが出場している時に限る!」みたいな彼への依存の高い考え方であるような気もしてる。実際、この試合の先制点もレアンドロだからこそ決められた得点。

他クラブの形を見ると、実は守備だけではなく攻撃も連続性と連携に乏しいんじゃないかって気が最近してる。例えば、阿部がクサビをもらいに引いた時に生まれたDFラインのギャップをアキが突く・・・みたいな連動性はいくつかパターンとして持っていてもいいんじゃないかな(※このキャンプで観た蔚山現代は例の如く、ロングパス主体の数パターンの攻撃をひたすら繰り返すサッカーをしてた。1人個の能力が高い選手がいた事もあって、形は分かっているのに仙台は蔚山の攻撃を止められず)。

蔚山と勇人
その蔚山の能力の高いFW(9)の後ろ姿。起点になりまくり。奥は勇人。

ちなみに、町田戦の先制点と3点目は右サイドバック丹羽ちゃんのクロスからレアンドロという同じ形。基本的に攻撃は例年通り左からが多いのだけど得点は右サイドから。丹羽ちゃんの右サイドバック起用がシーズン中にどれだけあるのか分からないけど、フタ以外にレアンドロへの新たなホットラインが生まれるきっかけになったかも。

その右サイドバックには後半から星原を起用。正直、まだまだで、周りに遠慮しまくっている印象。自分の中でこうありたいという理想のプレーのイメージがないのか色んな判断が遅くて、攻撃ではバックパスが多く、守備でも中に絞るのが遅かったり・・・まあ、コンバートの選手ゆえに仕方ないけどね。

サイドバックの話題続きで、ジェソクが30分×1の3本目に登場。左サイドバック起用。まず、顔がエレキコミックのやついいちろうに似てます。そして、プレーはオーソドックスな感じで出来としても及第点。あまり攻められるシーンがなかったので守備はよく分からなかったのですが、ガンバ的には重要視したいビルドアップの部分は無難にこなしてた。オーバーラップの数は少なめでバランスを重視してたのかな?クロスのシーンはほぼなく、ドリブルで縦に勝負するというよりは周りとの連携で崩していくタイプ・・・全然違ったらごめんなさい。

ジェソク
ジェソクは非常に丁寧なファン対応をします。

もう1人の新戦力の岡崎も初チェック。足下の技術はしっかりしていて、シンプルにボールをさばくスタイルは個人的には好き。それなりに前に行くシーンもあって状況を考えてプレーできる選手。頭良さそう。あとはフィジカルの部分?「力強さ」的な部分は同じく大卒組の阿部の1年目(去年)と比べると物足りない気もした(阿部はこの試合でも存在感あった)。ボランチはウッチーに武井に岡崎と結構揃ってきたねぇ。

ただ、去年も同時期に新加入選手の今野を我々サポーターは「ボール奪取能力がすごい!」「やっと守備が改善される」などと褒めちぎっておきながら結果は散々だった事を忘れはしない。要は練習試合では判断できないって事。しかも、私の感想なんて1試合分だけだし。

あと、今回のキャンプ旅で観た仙台の練習試合と比べると正直、この町田との練習試合は緊張感とかガチンコ度が相当ゆるいなという感想も持った。この負荷の練習試合で翌日回復トレーニングだけで終わって大丈夫なのか・・・キャンプでの練習量の少なさは心配してる。練習がオフになった午後に、ガンバの選手達がWBC日本代表を観に行ったというニュースを読みながら考えてしまった。

健太監督
記者の質問に応える監督。城福さんと仲良く仙台ー札幌戦の視察もされてました。

以上、色々な想いは尽きませんが、それもキャンプ巡りの醍醐味。今年も天気にも恵まれた有意義なキャンプ巡り旅でした。開幕が待ち遠しい。


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

このエントリーをはてなブックマークに追加


仙台&札幌&蔚山の練習試合の感想や宮崎グルメ情報はツイッターで。

コメント

非公開コメントありがとうございます。こうしたコメントを頂きますと励みになります。長崎で同じ時間を過ごしましょう。そして、息子さんのサッカーの上達を応援しております。良いサッカーを生で見せてあげて下さい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/449-49958015