宮崎キャンプに行く前に ~遠征準備の備忘録~

シーズンオフでも意外と話題に事欠きませんな。エルゴラでの岩下「男気インタビュー」から「ガンバ新スタジアム建設予定地の地下から旧日本海軍の弾薬庫跡」まで。Jリーグ全体でもTVではフットブレインで「スタジアムネタ」をやり、Jリーグラボで「秋春制」について濃厚が議論がなされ、クラッキで無料放送期間恒例の「生討論会」と注目番組続々。まあ、実は後半の3番組はまだ観ていないんですけどね。

と言うのも、個人的にはシーズンオフのこの期間は「観る」スポーツから「する」スポーツへの比重を増やす事がテーマゆえ。去年から始めたゴルフで初めてコンペに出場したり、毎年恒例であるサッカージャーナリスト「ジャンルカトト富樫」こと故・富樫洋一さんを偲んで行われるフットサル大会に出場したり。スポーツの本質はプレーする事にあるのは間違いなく、プレーをする事で観る事の楽しみが膨らむ。そう思います。

「ジャンルカカップ」の詳細に関しては同じチームで戦ったDJジャンボさんのブログスポーツライフさんのブログご参照あれ。ちなみに、この大会がキャプテン翼スタジアムの最終利用イベントだったらしく、大会開会式では「コート内の備品は想い出で是非持って帰って下さい。芝生とか剥がしてもらってもいいですよ」なんてサプライズ発言も。

このジャンルカカップでだけ年に1回会う人とか、ゴルフを始めたからこそコミュニケーションが取れるようになった人とか、スポーツを通じた人の縁の強さはこのシーズンオフに改めて感じています。サッカー、フットサル、ゴルフ・・・スポーツは一生続けていきたいものだと感じる今日この頃です。

■宮崎キャンプに行ってきます

そんな私もそろそろシーズンインモード。宮崎キャンプへの未練で終わった前回のエントリーから1週間。おかげさまで仕事の都合がつきまして、今週末から行ける事になりました。ただ、諸々の手続きが遅れたおかげで航空券&ホテルの予約には大苦戦。今年はWBC日本代表のキャンプとも重なって今週末の宮崎は大人気観光地と化しているのです。今週末、宮崎はバブルです。地鶏と肉巻おにぎりとチキン南蛮がもたらす経済効果は計りしれません。

今回はツアーで宮崎に行こうと思ってトラベルジェーピートラベルコちゃんあたりで探していたのですが、申し込み最終日が過ぎてたり、ツアーで確保しているホテルが満席だったりで断念。このタイミングで普通に航空券を取ると往復4万オーバーという事もあり今年はキャンプ遠征を諦めようかとも思ったのですが、ダメ元でチェックしたANAの国内ツアーが意外に安い事と直前まで予約を受け付けてくれる事を知り、緊急申し込み。個人的にここは高いツアーオンリーかと決めつけてスルーしてました。ちなみに申し込むタイミングでツアーの金額は変動するらしく、翌日自分が申し込んだツアーをチェックすると料金が8000円程度高くなっていましたので要注意。

宿&足を確保できただけマシなんだろうけど、残念なのは宮崎観光ホテルが予約できなかった事(去年泊まった宮崎観光ホテルの室内写真はコチラ)。宮崎キャンプは毎年豪遊旅行と決めているのでホテルが残念になった分は飯で挽回しますよ。基本的にこのキャンプ旅行では何も我慢しません。キャンプに行くために仕事を調整した罰が当たったか、先週は鬼の残業時間で連日の深夜タクシー帰宅から休日出勤に至る地獄の日々の中でストレスまみれ。この荒んだ心身は宮崎で解放してきます。先週貯めた残業代を全部消費してやる。

スケジュール的には練習試合1試合+練習見学の1泊2日コースでガンバの現状+他クラブ情報を直にチェックしてきます。ガンバに関しては、チェックしたいポイントは既に決まっていて「守備の再構築」と「新戦力チェック」の2つ。守備に関しては「再」と言っていいか迷うくらい組織が無かったような気もしますが・・・。「新戦力」はジェソク&岡崎。ジェソクはついに数年越しの「本物サイドバック」である事を祈るばかりですな(怪我しているらしいので、プレー観れない可能性もあるけど)。

あとは長谷川監督になって練習の雰囲気が厳しくなったらしいので練習中の「声」にも注目してる。聡太なき今、誰が声出しリーダーになるのか。個人的には秋に引っ張っていって欲しい。それに触発される形で将生が覚醒・・・みたいな。妄想は尽きませんなぁ。

宮崎で期待が持てるガンバが観れますように・・・。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

このエントリーをはてなブックマークに追加


宮崎キャンプ現地から練習試合レポも行います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/448-86a153e7