【読書感想】『「最後」の新聞 サッカー専門紙「エル・ゴラッソ」の成功』

新体制発表記者会見が終わり、キャンプでのTMスケジュールも発表されていよいよテンションも上がってきました。今年も一応、宮崎キャンプには見学に行こうかとは思ってます。東京在住ゆえに普段はなかなか練習を観る機会も少ないですし、他クラブの練習(試合)とセットで一日中サッカーを観れるのは楽しい時間なのでオススメですよ(野球も観れます)。ただ、このサイトを見る限りはまだ他クラブのスケジュールは決まっていない模様。遅くないか?

逆にリーグの日程は分かるの早すぎだねぇ。公式発表前にスケジュールがバレちゃっているのは、誰かしら関係者のリークがあるからだろうけど、リーク者にとってもリスクとデメリットしかない気がするんだが。例えば、飛行機のチケット争奪戦が激しくなる・・・とか?笑。自分しか知り得ない情報は大切にした方がいい気がするけど。情報の価値の考え方が変わっているんかねぇ・・・発信する事に価値がある?

■エルゴラを買う理由が知りたくて

そんな「情報」をテーマに2回連続のエントリー。前回は読み手の立場から文章を書きましたが、今回はマスメディアの情報発信者の考えを知ろうという事で、サッカー専門紙でお馴染みの「エル・ゴラッソ」の誕生秘話が紹介されている本である『「最後」の新聞~サッカー専門紙「エル・ゴラッソ」の成功~』の読書感想文。過去に1度読んだ本をもう1度読み返そうシリーズです。

現在はサッカーの情報なんて溢れていて色んな方法で取得できます。そして、同じサッカーファンでも知りたい情報のカテゴリーは細分化されている。この2点だけであらゆるサッカー情報がパッケージ化された有料紙に対してお金を払う人は少ないんじゃないかって推測できると思うんです。なのに、エルゴラは生き残っている。実際、自分もエルゴラをたまに買ってる。なぜ?これが今回の読書のテーマ。

本では色々な視点からエルゴラ生みの親であり、著者の山田代表がエルゴラを(自己)分析されているのですが、私が上記問いに対する「解」として共感したのは2点。

①「暇つぶし適度」の追求
現在世の中に出回っているサッカーメディアの特性と比較して、エルゴラが他のどのメディアとも競合しない立ち位置にいる事が分析されています。ポイントは「暇つぶし適度」を追求した事。本の中では「通勤中」の暇つぶしと書かれてありましたが、試合当日のキックオフの待ち時間やお昼休みなど用途時間は様々なはず。「薄い(深堀してない)」内容であるがゆえのメリットはあるかもしれません。確かに「サッカー批評」を数十分の移動時間中に読んだ記憶はないですし、説得力のある分析かと。情報量的にちょうどいいってあるんですよ。

②ユーザーエクスペリエンス
これが一番の理由じゃないかなぁ。要はエルゴラ購入に伴う「体験」をセットで販売しているんですよって事。例えば私の場合、ガンバが勝った試合が表紙のエルゴラはバッグにしまわずに、あえて自分の社内デスクに放置する。それをチラチラ見ながらPCに向かう事で仕事のモチベーションをあげたり、その新聞を見た同僚が「土曜日はガンバナイスゲームだったねぇ~」なんて声をかけてきてコミュニケーションが生まれたり・・・そういう体験も売っているんだよって事。

エルゴラ本
2時間くらいで読めます。760円。


■専門家よりも、読者と共感できるライターを

「なぜエルゴラを買うのか?」については上記2点で納得。本はその問い以外にも色んな角度からエルゴラを分析・紹介してくれています。新聞流通に企画を持ち込む際の努力や工夫の過程のエピソードなどは安直な感想ですが「頑張れば道は開ける」的なモチベーションを読者に与えてくれるはずです。

その中で私的には共感しなかった点をあえて1点書きます。実は反論を呼ぶポイントこそ読みどころだったりする気もするので。

「新しいメディアは、新しい書き手からしか生まれない」などカッコイイ言葉と共に素人ライターが文章を書く事を良しとしている主張が書かれた部分があるのですが、これは建前な気がする。上記のエルゴラ購入理由である「薄さ」はテーマや文章量の事だと思っていて、文章の質は高いに越したことはないはずなのですが・・・。

たまにガンバサポブログで書かれていた内容とほぼ同じ内容のレビューが紙面に載ったりする事もあって残念な気持ちになる。同じ感想になる事は多々あるし、パクったとは思わないし、そのレビューの視点が甘いとも思わない。ただ、現地で選手の声も拾えて練習も追いかけれる立場にあるんだから「違い」を期待したい。本の中でも「主観コンテンツ」と題して、書き手の視点での文章に情報としての価値がある的な事も書かれてある。おそらく本の内容から推測するに山田さん的にはライターが「サポーターのブログと同じような内容を書いてある事にこそ価値がある」という事になるんだろうけど・・・。

まあ、言わずもがなこれは私の意見。他のサッカーサポーターの皆さんがどのようなサッカー情報を求め、どのような情報に価値を見出しているのか・・・一度聞いてみたい気になりました。

以上、読書感想でした。

ちなみに余談ですが、以前エルゴラの広告担当の方とお仕事していた時期があるのですが、あらゆるニーズにも臨機応変に対応して頂き、広告媒体としての対応力の凄さを痛感した事もありました。ちなみにご担当は野球好きの方でした。笑。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

このエントリーをはてなブックマークに追加


新聞はラミネート保存がオススメです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/446-4fc1c580