決戦前夜(33節・FC東京戦の振りかえりも踏まえて)

金子達仁みたいなタイトルを付けてやったぜ。そうです。明日はJリーグ最終戦・磐田戦。明日で決まります。

優勝争いより緊張する試合前日があるとは。失うものがある試合というのは怖い。そして、残留したとしても、降格したとしても現段階では想像できないような感情が溢れだしてくるんだろうな。明日の今頃、どんな気持ちで過ごしているのだろうか。

今日の仕事は午後休。昼寝を取って夜の運転&明日の応援に備えました。このブログを書いた後、レンタカーを借りて磐田に向かいます。早朝にはスタジアムに到着予定。結構楽観的に挑めるかと思っていたけどさすがに試合前日ともなると緊張してきた。第三者的にも注目の試合ゆえに社内で声をかけられる事も多いし。きっと選手も同じじゃないかな。今ならFC東京が降格したシーズンの最終戦、後半の早い時間帯からパワープレーにはしってしまった気持ちが少し理解できる気がする。普通である事の難しさがある。

そういう意味では明日は平常心でプレーできるか否かがポイント。選手のキャラクター的にも気持ちを入れまくって戦うようなチームじゃない。漂々と淡々と3-0で勝って下さい。気持ち担当は聡太に任せましょう。まあ、私は聡太のユニフォームを明日着ようと思っていますが。笑。明日の懸念点をあげるとすれば、聡太の藤ヶ谷&今野との連携だとも思っている部分もあるから。聡太頑張れ。君がキーマンだ。

前節は友人の結婚式に出席していたため録画で観戦。この試合を観ても緊張からか前半にミスが集中している印象を受けたし、最近は減ったけど立ち上がりの失点には改めて気をつけて挑んでほしい。メンタルダメージも大きい。ただ、FC東京戦は1試合を通じて観ればさほど悪い内容だとは思わない。ブログやツイッターでの感想を見ると批判的なコメントも多かったけど、松波監督の采配が的を外れていたとも思わない。2-1になってからは、カウンター気味の攻撃で決定機をそれなり作れている状況でパウリーニョは理に叶ってる。阿部も十分ボールに絡めていた。多くの批判は「たられば」レベルで結果論の側面が強過ぎる印象。

自分の中では柏戦をきっかけに松波采配への信頼は回復してる。前節試合後、挨拶時のブーイングは可哀相だった。そもそも残り1試合でのやめろコールに何の意味があるのか。ストレス発散は違う場所でやってくれ。ピッチは苛立ちの捌け口ではない。明日はピッチにいる監督・選手を信じて、全ガンバサポーターの気持ちを1つにして応援できれば。そう思います。

では、磐田に行ってきます。

P.S.前回のエントリーは多くの人に読んでもらえたようです。ツイッターやブログで情報拡散して頂いた方、ブログにコメントを頂いた方、どうもありがとうございました。1人1人にお礼を言いにはいけませんが、アクセス解析等で全て把握しております。引き続き宜しくお願い致します。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/434-9807ab71