【Jリーグ第30節】ガンバ大阪ーサンフレッチェ広島@万博

【ガンバ大阪 1-1 サンフレッチェ広島】

「この試合が重要だ」って試合にことごとく勝てないね。今日の結果を受けて状況はさらに苦しいものになってきたけど、ここから先は精神論を語りたくなる。今日の試合もそうなんだけど、追い込まれれば追い込まれるほど攻撃的な選択、姿勢を貫くのは精神的に難しい。いくらガンバというクラブでも追い込まれた状況では守備を強く意識してしまうのはサッカー選手の性だと個人的には思ってる。

ガンバがこの順位にいる最大の要因は守備。今日の試合も戦前の予想に反して攻撃よりも守備の良さが目立つ展開で、そこのバランスを崩して攻撃的な采配を行うのは勇気がいる事。展開を考えても3枚目の明神投入はやむなし。この試合が序盤であればナイスゲーム。松波の口癖である「バランス」も若干守備に重心置きつつも取れてた。

ただ、一方で状況的に勝ちきる事を求められている。勝ちきるために意識しなければいけないのは守備ではなく攻撃。クラブの課題と求めれている戦い方に矛盾があると捉える事もできるかもしれない。そこをいいさじ加減で調整するのが監督力だと思うのだけど、もうこの際攻撃的に開き直ってもいいと思う。何度も繰り返しているけど、レアンドロのどう点を取らすかだけを考えて戦うのもありだと思う。

今日の試合も負傷交代はあったにせよ、交代で攻撃を活性化する事はできなかった。3枚目の明神は前述の通りやむなしだと思ってるけど、その状況は2枚目のカードの切り方も影響してる。2枚目で入ったコータローは守備固めで入ったかのようなプレーに終始したのは残念だった。カウンターや攻→守の切り替えばかり気にしているように映った。ベンチの指示があったことは安易に推測できるけど彼の持ち味は守備ではない。そこまで試合経験のある選手じゃないし、この試合で攻撃的に行けという指示があってもリスクを背負った攻撃的なプレーは難しかったかもしれない。

ならば、前節投入した佐々木というカードは相手のシステムを考えても効果的だったかもしれないし、数少ないホームアドバンテージを活かす意味で川西でスタジアムの活性化を狙っても良かったかもしれない。攻撃の手詰まり感から流れが広島に傾いた側面もあると感じていたし、どこかで2トップに切り替えるという選択はあるはずと思って試合を観てた。ただ、松波監督には膠着状態のキープする事をひたすら考えて、攻撃は誰かしらの個に頼る・・・そんな風に考えているんじゃないかって見えた。

同じ状況は残り4試合でもあるはず。判断はむちゃくちゃ難しい。ただ、「迷ったら攻撃的」。残留への合言葉。


サッカー関連図書の読書感想はツイッターで。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

コメント

yossiさん>お久しぶりです。もう残り4試合ですし、今までの自らのスタイルを信じるだけですよね。つまり攻撃的に行けるだけ行く。やみくもに攻撃的と言っている訳ではないです。悔いのない戦いをする意味でも・・・信じましょう。

ごぶさたしてますyossi です。
残り4試合は、何が何でも勝ち点3を
取るつもりで、開き直って
攻撃的に行ってもらいたいです。
勝ち点1狙いでは追い付けないし
ガンバのいいところを
最大限出して失点覚悟の
特攻してほしいと思ってます。
守って守りきれるチームじゃなのを
チーム全員の共通認識で統一して
あとは悔いなく
超攻撃を貫いてほしいです。
バランスうんぬんの時期じゃなく
何が何でも勝ち点3ですね


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/430-38202a1d