【Jリーグ第27節】ガンバ大阪ー鹿島アントラーズ@万博

【ガンバ大阪 2-2 鹿島アントラーズ】

レアンドロが凄かった。藤ヶ谷が最低。以上。





簡潔に言えばこの一行に尽きる試合。0-0や1-1の時間帯のボールの回り方を見ればチーム状態は決して悪くなかった。アキが自由に動き回ってボールをあらゆるところでもらう事でポゼッション率は前節同様に高くキープできていたし、相手がブロックをつくって守る中でもシュート数もそれなりにあった。

ヤットとアキが同時にプレーするといつも以上に流動的にボールが動いてガンバらしい崩し方が戻ってきてる感じがする。2人に連動して動いて最後の崩しを担当するフタの存在感もここにきて再び強まってきたし、フタの活躍に比例してレアンドロの躍動感も高まる・・・そんな好循環がチームに生まれつつあるのでは。チームのバロメーターの1つだと思っているヤットがフィニッシュに絡むシーンも増えてきているのはヤットへの負担が減って生きている事を意味し、チーム状態が高まりつつある事は間違いない。今日の結果を受けて変にメンバーを変更したりする必要はないはず。

じゃあ、なんで結果が出なかったのか。いわずもがな・・・・いや、いわずもガヤ。藤ヶ谷に責任を求めざるを得ない。ここ2試合の出来が良かっただけに1失点目は目をつぶったけど(あれも触れるだろ)、2失点目のミスは痛恨。この重要な試合でああいうミスを出してしまう不安定さは尾を引く。曽ヶ端がセーフティーにパンチングを多用していた事を観ても雨でスリッピーだった事は何の言い訳にもならない。

鹿島相手にリードされる展開の厳しさを何度も経験している中で一度追いついてからの1-2となるミスとか・・・選手達のモチベーションダウンは想像を絶する。万が一、降格したらあのシーンがターニングポイントになる。世が世なら切腹だろ。正直、俺は試合中に岩下が藤ヶ谷を殴ってしまうんじゃないかと心配したよ。味方殴って退場という前代未聞のレッドカードを経験してしまうのではないかと。

後半45分は不本意ながらある意味予想通りの展開。何も出来ないまま時間がただ過ぎていった。この45分を生み出したのは間違いなく2失点目のミスなんだけど、そこに効果的な対応策を示せない松波ベンチワークもプラスしてピッチには虚しさだけがありました。

また、今日は大迫の成長ぶりに少し驚かされた。代表の試合のイメージしかないのだけどあんなにポストプレー上手かったっけ?前節は縦パス完封だったけに余計に印象的。1失点目も大迫のキープからの展開だし、今野・岩下という人に強いタイプのセンターバックを揃えながらあそこまでキープされたのは痛かった。

他会場の結果を考えれば「勝ち点3以外意味がない」と言いたくなる気持ちは分かるものの、この勝ち点1を意味あるものにするしか道がないのも事実な訳で、あの展開の中で同点になったというのはまだ運が多少残っているのかな。そして、その運を引き寄せてくれるレアンドロは神である事も再認識。明日から神棚にレアンドロの写真を飾ろう。うん。それがいい。

と、ブログを書き終えるタイミングで宅急便が。来週の仙台遠征の新幹線チケットとホテル宿泊券。気持ちを切り替えろという神のお告げかな。分かりました。レアンドロ様。


基本的にはサッカー専用アカウントになっております。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/427-e3ae55ef