【Jリーグ第24節】サガン鳥栖ーガンバ大阪@ベアスタ

【サガン鳥栖 4-1 ガンバ大阪】

「博多通りもん」を食べながら書いてます。こんばんは。先ほど鳥栖より東京に戻ってきました。試合は負けました。惨敗です。仮にサポーターと選手の心理が多少なりともシンクロする部分があるとすれば、我々は浮かれていたんでしょう。2試合連続で大量得点で勝って、内容的にも充実してきて、降格圏も脱出した。もう大丈夫だ。レアンドロ不在も関係ねぇ。あとは上がるだけだ・・・・。

個人的には試合前から中洲の夜の事を考えていた事を最初に反省させて下さい。また、初参戦のベアスタゴール裏は等々力風のスタジアムでサポーターの密集度も乏しく応援もいまいち盛り上がれなかった気もします。全てが空回りした。そんな試合だっと感想を持っています。名古屋戦のエントリーで書いた「鳥栖戦で真価が問われる」の答えが残念な結果で出てしまって悲しい。

ベアスタ1
ベアスタゴール裏。横から見るとこんな感じ。

気持ちがプレーに一番現れるのは球際だと思っているのですが、その点で鳥栖に完敗した点がこのスコアの差につながった大きな理由の1つ。鳥栖のプレーは激しいというよりも「荒い」部類に入ると思うのですが、そんなサッカーに負けてしまった悔しさったらない。今のチーム状況やこの試合の重要性を理解すればもう少し戦えるはずなのだけど、淡々としているチームカラーが悪い方向で出ているような気も。

また、「采配が重要になる」と予想していた点に関しても残念な形で想像通りの展開に。もはやベンチワークはガンバの弱点で、この試合もそれを露呈してしまった形に。0-2で前半終了して交代なしはどういう判断なのか。スコア的にも内容的にも攻撃面は何かしらテコ入れが必要なのは明らか。そして、動けないまま3失点目で the end. 心折れるわ。

モンスター
ガンバゴール裏入口にいた謎の鳥栖ゆるキャラ。「ガンバサポの皆さん、博多じゃなくて鳥栖で晩飯食べてよ」

そして、やっと動いたかと思ったらフタ&倉田の2枚替え・・・。攻撃のリズムを変えるというよりも、リズムを放棄するような采配な気もするのだが。また、横谷が悪い訳ではないのだが、繰り返す横谷のオフェンシブ起用は一体何なのか?悪い占い師に何か言われているか。彼のオフェンシブ起用で流れが好転した記憶がない。基本的にボールにあまり触れていない。点差が開いて、相手が引いてきている中でサイドからのクロスが攻めの生命線になる展開が予想できる中で佐々木の投入という選択肢はなかったのだろうか。

負けた試合は反省点が尽きないけども、攻撃面はもうレアンドロ頼みで今シーズンは仕方ない。パウは周りとの連携が絶望的なので厳しい。守備に関しても評価急上昇中の岩下の上がった後のスペースはもっと神経質にならないといけない部分だと思うし(そもそも彼に関しては、攻撃はもう少し自重してもいいのではないか)、藤ヶ谷への期待感の無さは異常。敦志不在の期間で藤ヶ谷が第2GKとしてのレベルにも達していない事が証明されたと思ってる。

もつ鍋〆 雑炊
試合後の反省会は中洲のもつ鍋屋。「領収書は藤ヶ谷陽介でください」

この試合唯一の希望はアキ。フィジカル&技術に裏付けされたキープ力、ドリブルは1人別格だったし、プレーから「俺が打開してやる」という意思が感じられて頼もしかった。そういうメンタリティを持ってプレーしてくれている点が嬉しい。柿谷を観るクルピと同じような気持ちかもしれないな。笑。


中洲の夜についてはツイッターで。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/424-ae5c3315