【Jリーグ第11節】ガンバ大阪ーベガルタ仙台@万博

【ガンバ大阪 1-1 ベガルタ仙台】

大宮戦のエントリで中盤の選手がフィニッシュに絡まないとゴールは遠そうという事を書いた。特に昨年実績から倉田に期待する部分が大きかった訳だけど早速結果を出してくれて嬉しい。あのシュートからはフィニッシュのセンスは感じる。今日のゴールのように佐藤を起点にした倉田ゴールは中断期間まではガンバの攻撃の生命線になるような気もする。

倉田だけじゃなく、どちからというと守備面での貢献が光っていたチンも今日はドリブルでの前への推進力を見せてくれてたし、明さんも三列目から長い距離を走ってシュートというシーンもあって中盤の選手の攻撃への意識の高さを感じさせてくれた。

中盤の選手達がそういったプレーが出来たのは佐藤の献身的な動きによる部分が大きいと感じていて、守に関してもグノを思い出させるようなプレスバックも。1-0の展開からは仙台が中国みたいなラフプレーが増えて(報復を感じされるプレー、肘からのタックルには憤りを覚えた)、佐藤へのクサビのボールに対してもファールありきのようなタックルで潰しにきたけど最後まで体を張ってくれた佐藤に拍手!解説の美濃部さんも心の中ではきっと佐藤がマイベストプレイヤー。

相棒のパウリーニョは久々のスタメン。裏へ抜けるシーンの迫力なんか見ても、佐藤との相性は悪くなさそう。ラフィを見ていたからというのもあるけど、FWの位置で単純にボールを失う回数が減っただけで満足してしまう。笑。シュートの意識も高い選手だし、個の能力だけでどうにかしてしまうまでの迫力は感じないけど、今日のコンディションを最低限に連携を積み重ねていけばそれなりに結果は残してくれそう。

チーム状態を考えれば引き分けは試合内容的にも妥当。面白いゲームだったし、やっとスタメンの組み合わせやコンディション、戦い方が少し整いはじめてきた感じがする。そして、敦志、丹羽、寺田、倉田あたりが出場しているゲームでそう感じさせてくれている事も大きい。だって、ガンバの未来は彼らに託されているんだから。

会報誌ガゼッタに掲載されたチンの「今年は今年と思うんで。前までの攻撃的なイメージはあるけど、そのイメージばかりに頼ってると、チームとして成長していかないと思う。今年は今年のスタイルというのを早く選手みんなで共有していけば、いいチームになっていくと思うので、そのチームの中心に僕ら二人(※もう一人は倉田)がいられればいいんじゃないですか」って言葉期待してるよ!

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

「ロスタイムは7分です。(ツィッター版)」はこちら。こちらもお願い致します。
https://twitter.com/#!/7additionaltime

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/400-59677d07