セホーン&ロペス解任について

想像以上に決断早かった。この判断は評価する。こういう結果になっている以上、解任は仕方ない。監督コメントとは裏腹に時間がチームの状態を解決してくれる雰囲気はなかったし、全て鵜吞みにするのは危険だとは思うけど報道からは選手からの求心力もなくなりつつあったみたいだったし。負のスパイラルを断ち切った意味で英断だと思います。

個人的にはセホーン&ロペス体制はキャンプで練習観たりして「活気があって良いな」とか、守備の部分で「攻→守の切り替えの早さ」や「奪い取るディフェンス」を重視している姿勢にガンバになかったものをもたらしてくれると期待度は高かった。スタッフが多い事も選手1人1人に目がいきわたるしポジティブな事だと考えてた。西野さんを続投させなかった事に対してもリスクがある事は理解してたし、寂しさもあったけど先に進むための判断だと理解してたから「西野をきったくせに~」という反発もなかった。

だから、この解任に関しては評価はするけど「やったぜ~!!」って感じではない。改めてのガッカリ感と共にひと言で表すならば「仕方ない」。「タラレバ」すら許されない酷いサッカーでした。セホーン&ロペスお疲れさん。さようなら。

で、新監督は松波。選択肢はそれしかないわな。「レジェンド」は誉めすぎだけど、ガンバにとって重要な人物である事は間違いない。未知数な部分はあるけど、キャリアとは関係なしに活躍する監督もいるし、OB監督である事を考えても全面的にサポートしたい。我々が望む西野時代の「攻撃性」をコーチとして学んでいる点もポイント高い。

選手から見れば年齢も近いし、一緒にプレーした選手もいるし、今までの監督とは違って「お兄さん」的感覚なんだろうな。それを上手く使ってチームの一体感を作り上げて欲しい。なんとなく選手の意見も反映させながらのチーム作りになるんだろうなという想像はするけど、選手と監督の一線はひいてもらって勝利と共にカリスマ性も身につけて欲しい。

今週末の新潟戦が楽しみになってきた。開幕戦のような気持ちで新潟に向かいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/387-ac88c468