サッカージャーナリスト 森雅史さんのセミナーに行ってっきた話

サッカーメディアのセミナー話が続いているのはたまたまです。※前回のエントリはコチラ

そういうセミナーが沢山開催されているという事はそれだけその業界に興味のある人、サッカーメディアで働きたい人が沢山いるって事なのかな。まあ、サッカーライターが増えるって事はそれだけ我々ファンからすると、サッカー関連の記事を読む機会が増えるという事ですし、競争の中で文章の質的なものも高まってくるんだろうから喜ばしい事ですね。ただ、それは=ライターで飯が食える人が増えるという事ではない事もまた事実で・・・・。

今日はフリーランスで働かれているサッカージャーナリストの森雅史さんのトークセミナー「サッカージャーナリストの真実~歴史的一戦の取材からみえたもの~」に行ってきました。会場は六本木ミッドタウン。多分、スルガ銀行が所有している部屋の一室を使われて行われました。ちなみにセミナーは無料です。よっ!太っ腹!部屋もオシャレだったし、スルガ銀行は儲かってるんですかね。社長(この銀行では「頭取」とは呼ばないそう)が静岡のサッカー協会会長を務められているほどサッカー好きだとか。会社にはサッカー本が並べられている部屋もあるそうですよ。今後もスルガ銀行主催のサッカーセミナーが開催される可能性はありそうですね。サッカー好きの皆さん、スルガ銀行HPは要チェックです。

森さんセミナー
オシャレな部屋で開催されました。さすがミッドタウン。

と、スルガ銀行の宣伝はここまで。微力ながら無料セミナーのお礼です。笑。今日のセミナーはセミナー名のサブタイルがヒントになっていますが、先日行われたW杯予選の北朝鮮VS日本@平壌での取材エピソードがテーマ。この試合は取材できるマスコミが限定されて、文字メディア(?)で北朝鮮に行けたのは森さんを含めて5名(森さん、サカダイ、サカマガ、共同通信2名)。森さんはテセの本を書いていた事もあって取材許可が下りた・・・のかもしれないとの事。行けるメディアが限定されているゆえに日本のメディアは会社の垣根を越えて、一種のチームとしてこの試合を取材したエピソードを2時間話して頂きました。落ち着いた話ぶりでとても聞きやすかったです。声が心地よかったのは私の前に座っていた人は狭い会場だったのにも関わらず頭を揺らしながら熟睡してました。笑。

内容は現地のガイドとの交流、空港でのトラブル(嫌がらせ)、共同通信社の図太さ(笑)・・・etc.色々エピソードトークも面白かったのですが、フリーランスという職業自体に興味があった私としては(別に独立しようとか考えている訳ではないですよ)、フリーゆえの苦労話が興味深かった。同時に職業は違えど企業に勤めている自分は守られていて、恵まれているなぁと当たり前の事ながら痛感しました。サッカー選手でいうところの、ブラジル留学に行って生活をかけてプレーする現地の選手達を見て、自分との覚悟の違いを痛感する・・・みたいな?

森さんは結果的になのかもしれませんが、この北朝鮮戦での利益はありません。むしろ赤。この北朝鮮戦取材の中でも諸々発生する費用を経費で処理できる共同通信社社員とのコントラストが印象的でした。森さんが普段国内の取材で泊るホテルの写真なども見せてもらいましたが、就活学生が泊るような安ホテルです。そういえば2008年のクラブワールドカップの帰り、夜行バスのバス停で某ベテランサッカーライター(コメンテイター?)さんがいた事を思い出すなぁ。

今回の北朝鮮戦はJFA指定のツアーでしか取材が許されなかった上に、試合ギリギリまで北朝鮮の状況が分からなかった事もあって現地に行くまで費用がどれだけかかるかわからなかったそうです。また、自分が北朝鮮に行けると分かってから実際に行く日まで時間がなかった事もあって媒体に売り込みもできなかった。つまり稼げる見込みが分からないって事。利益じゃない部分で動いているところも大きいんでしょうね。森さんは33歳でサッカーライターへ転職したらしいですが、どういう想いでこの仕事をされているのか聞いてみたいです。ちなみにこの業界の金額(給料感)をつかむヒントとして、森さんはこの北朝鮮戦の取材で約35万円の出費があったようです。メディアが限定された、超注目度の高い取材を現地で出来ているのに35万円以上稼げない。「お金じゃない」と多くの人が言います。私もこの話を聞いてもなんとなく森さんが羨ましい気持ちもあります。ただ、実際にそういう状況でリアルに働いて初めて分かる苦労もあるはず。うん、フリーの人へのリスペクトを忘れないようにしなければ。

そんな感じ。他にも媒体へ自分を売り込みに行く時の話やJFAに取材申請をする手順など普段メディアでは聞く事のできない話も聞けていい機会でした。帰宅後、調べてみると、森さんは書籍という形ではあまり出版されていないようですが、また本を出された際は購入して読んでみたいと思います。

P.S.なんかこのエントリだけ読むと森さんがフリーの愚痴ばっかり話していたと誤解されないか心配になった。苦笑。セミナーの最後に(総括として?)この仕事を通じてサッカーの歴史的な場面などに立会える事が出来て幸せといった趣旨の事も話されていた事も追記しておきます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

コメント

森さん

はじめまして!
わたしもこの日、会場にいました。とても興味深いお話を聞くことができてよかったですし、森さんのお人柄に触れる機会もあってよかったです☆
聞くのに夢中になり、内容をあまりメモしていなかったので、こちらのブログを拝見して、いろいろ思い出せました。ありがとうございます!

ありがとうございました

今日、遅ればせながら拝読いたしました。ご来場いただき、本当にありがとうございました。またスタジアムででもお会いしましょう!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/379-9acaf577