【PSM】VSサガン鳥栖

こんにちは。PSMも始まっていよいよシーズン開幕が近づいてきた事を感じております。チケット発売日、夜行バス予約開始日などを確認すべく手帳を開く回数も増えてきて、仕事への集中力は下がる一方。土曜日の鳥栖戦は出張で大阪に行っていたため、現地には行っておらず、さきほどTV観戦。内容的には期待値が上がるような展開ではなかったものの、監督も変わっているし時期的にもこんなもんだろうと自分を納得させています。

キャンプを見た限りは今年は守備面で「攻守の切り替え」や「守備時の積極性(寄せるだけ、コースを切るだけじゃなくて、奪いに行く守備)」を強調しているように感じたので、そのあたりをポイントして見てたんだけど、あまり変化分からず。苦笑。と、いうより去年のサッカーを微妙に忘れている部分もあるのであまり変化を発見できなかった・・・。 

攻撃面は巷では「サイド攻撃」の比重が増える事が今年のガンバの特徴の1つと噂されていたけど、そ~言われるとそんな気もするし、あんまり変わっていない気もする。前半の最初の方はサイドチェンジなど大きな展開をする場面もあったから「おっ!これか?」と思ったけど、そんなシーンは序々に減っていき・・・。逆に積極的に攻撃参加する藤春がファーストコントロールを失敗したり、クロスで終われなかったりする度に「あ~!裏のスペースまた突かれる~」と心配になった。ただ、サイド攻撃を重視する方針でチームを進めるのであれば藤春はキーマンだし、期待してる。裏のスペースは今ちゃんが守ってくれるはず。まあ、個人的には急激に大きくチームを変える事は関東の赤いチームを見ていても得策じゃないと思うので、細かくパスをつなぐポゼッションスタイルを軸に、攻撃の幅を広げるくらいの意味合いで大きな展開(サイド攻撃)も加えるくらいの意識でチームを作って欲しいな。

個々に目をやるとキャンプでは早いタイミングからAチーム&Bチームを分けていたようだけど、今年は各ポジションで競争が激しくなっていくんじゃないかな。レギュラーが固定化されないポジションもある予感。固定されるのは明神&ヤットのダブルボランチと今野、加地くらい?(個人的には今日の試合でフタも別格。年俸ダウンさせる判断は違うって再確認した。残ってくれてよかった)。それはチームを活性化する意味でもACLなど多くの試合を戦う意味でも大きいし、そこが監督を変えたメリットの大きな1つでもあるはず。沼田、横谷、寺田、佐藤あたりはライバルとなる選手にはない能力があるし(違うタイプだし)、展開や組み合わせ次第では使われるチャンスは沢山ありそう。今年のガンバは昨年より多様な戦い方が出来るのが強みの1つだと思う。それゆえ、監督&ヘッドコーチが各選手の使い方・コンディションをよく把握して、試合時のカードの切り方も今年のポイントになるんじゃないかな~。セホーン&ロペスがどういうタイプの指導者かまだ分からないけど、交代カードの使い方が上手い監督であって欲しいね。

PSMはそんな感じ。1月から続いている怒涛の休日出勤も今週末で一旦終了。3月10日からは週末はJリーグのものです。開幕が楽しみだ。

代表アイスランド戦
大阪出張ついでの久々の代表戦観戦。ヤット&今野のガンバコンビのプレーは安定感ありました。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/377-675c324a