エルゴラ・アカデミー フットボール学公開講座に行ってきた話

今日は東京・秋葉原にあるデジタルハリウッド大学までピンク色のサッカー新聞でお馴染みのエルゴラさんが開催する「フットボール学公開講座」に行ってきました。ちなみに受講料は2500円。詐欺みたいな金額で開催されているスポーツビジネスセミナーが多い中で良心的な金額だと思いますし、集客もさすがサッカーメディア主催のセミナーだけあって超満員。Jリーグがない週末など今後も定期的な開催を期待したいです。

erugora_convert_20120211220846.jpg
入口で資料が配られました。

今回は「Jリーグの経営研究」がテーマ。講師はベルマーレの代表・真壁さんと元FC東京代表の村林さん。そして、サポーター代表(?)としてアントラーズサポータークラブ「IN.FIGHT」の代表である河津さんとマリノスのサポーター組織であるNPO法人ハマトラ代表の清さんの4名がそれぞれの立場から話題の「クラブライセンス」や「育成」、「メディア露出」などについて意見を発表されるスタイルで進みます。河津さんと村林さんのお話をお聞きするのは初めてでしたが、この両名も人前で話されている経験が多いのでしょう、話し慣れている感じで聞きやすく2時間強の講義もあっという間。議事録的なものがエルゴラのWEBサイトで後日掲載されるようなので、興味がある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

ブログには載せられない内容も多かったのですが、問題ない範囲で1点「露出」に関しての話題をピックアップ。立場が違えば出てくる課題も違うようで、「地方クラブ」&「大都市クラブ」とざっくり2つに分けた場合の比較が興味深いです。多少自分の咀嚼も入っているので、全てが講師陣の発言ではないですが・・・

「地方クラブのメリット」として話されていたのは情報を独占できる事。ローカルメディアにとってJクラブネタの重要度は大きく取材してもらえる機会も多い。しかも、TV局をはじめとしてメディアの数はそれほど多くないので地域市民にその情報が届きやすい。おまけに選手がメディア慣れして話も面白くなる(笑)。一方で「大都市クラブ」はローカルメディア(東京専門のメディア)が存在しない。東京のメディアはTVで言えばキー局。「東京=国だ」と行政の人から言われたなんてエピソードも踏まえつつ、問題について語られていました。また、ベルマーレに関してはは同じ県にスポーツチームが複数ある競争に加えて、東京に出稼ぎにいく夫と家(湘南)に居続ける妻で地元への愛着が違い、家族で応援するクラブが違うなんて例もあるなんて悩みもあるようです。笑。

そして、地域密着だけじゃない全国区の人気を得なくてはいけないいう想いもあるようで、全盛期のジュビロ磐田は全国にファンがいたのでDVDがめちゃくちゃ売れた話という例を出して話されていました。そうなれば全国区のマスメディアも扱ってくれると。好循環が生まれるって事かな?昨シーズンは震災の影響もあったのか観客動員数も減ってるし、関東在住ガンバサポみないな人間を増やしていく努力は必要かもしれません。私の東京で働いている友達も大阪にいた時は年に数回万博に行っていたけど、東京で働きだしてから一回もガンバの試合を観ていないなんて人もいる。先日発表されたクラブ間でAWAY席の発売協力をする取り組みや、たまにガンバもやってるけど東京出発のAWAY戦ツアーを組むとか、そういう取り組みは今後はより必要なのかも。

最後にメディアに関して個人的な感想を書くと、この講義でよく出たワードである「全国メディア」「『マス』メディア」ってどこまで重要なのかな。身近な例でいうと「サッカーダイジェスト」にはお金を払わないけど、「永田メルマガ」にはお金を払う。全国区のニュースでもガンバが紹介されているコーナー以外は早送りするし、エルゴラもガンバが載っているページ以外は読まずに捨てる事は多々ある。何が言いたいかと言うと、これだけメディアが多様化している中で「マス」なメディアの存在感が薄れてきているんじゃないかって事。情報はグーグルリーダーに登録しているサイトから得なかったり・・・まあ、その結果偏った情報を持っている人間になりつつあるという危険性は感じてるけど。苦笑。ニュース速報の意味が分からなかったりするからなぁ・・・「ん?それ話題になってるの?」みたいな。

話が逸れました。んじゃ、多くの人に知ってもらうためには、露出を増やすにはどうしたらいいのか・・・分かりません。ただ、メディアの大きさよりも接触ポイントの数を増やす方が大切かなとは思う。メディアと呼ばれるものだけでも沢山あるから、数を増やすといっても限度はある訳でどのメディアが親和性が高いのかなど基準に沿った選択が必要。例えば、特に裏付けがある訳ではないけど、サッカー好きはスポーツ好き。その逆もまた然りという事で、いつか実施していたプロ野球チームとの合同チケットなんかは、双方が持っているメディアを使ってPRすれば多少効果があるはず。まあ、この例しかり、スポーツ以外の他ジャンルとのコラボなんかも大ヒットは生まれない気がするけど、サッカーに興味のない多くの人にきっかけを与えていくという意味では積み重ねる事が大切な気がする。

私も最近、仕事で落語やアイドルといったプライベートでは接する事のない(きっかけがない。入口を知らない)エンタメに触れる機会が多いのですが、気がついたら両方とも自分のiphoneに入っていたりするし、そうした接触を増やす事で良さが伝わる部分は必ずあると思う。これだけ多くの人間に支持されているサッカーであればなおさら「見れば面白さが伝わる」可能性は高いと信じてます。

まあ、そんなこんなです。そして、私は来週の金曜日から会社を堂々と休んで宮崎にキャンプを観に行ってきます!自分の目で新戦力、新チームの状態を確認してきますよ~!

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/374-ef4807ad