ガンバ系ブロガーが選ぶ2011年ガンバ大阪ベストゴール

シーズンオフ恒例のAOQLOPEOPLE主催企画、最後のテーマ。「ガンバ系ブロガーが選ぶ2011年ガンバ大阪ベストゴール」。

※詳しくはこちら

昨夜、スカパー!のオフ番組「2011クラブ別全ゴールハイライト」のガンバ大阪版を観ながら考えました。ゴールシーンだけでもシーズンは結構振り返れるもので・・・

■序盤戦の失点シーンはスンヨン関係し過ぎ(後半戦の復調(適性ポジションでの器用)も印象的)

だったり、

■サイドを深くえぐられてからのマイナスのパスからの失点が多い

事に気がつかされたり、

■グノの突破きっかけのゴールが多い事に少し来シーズンへの不安を感じた

と思ったら、

■パウリーニョのガンバDF陣を切り裂いてのゴールに少し不安を解消された

流れがあったり、色々考えさせられました。

一番印象的だったのはフタの中距離のパスのセンス。改めて天才的な感覚を持っている事を痛感したし、ベテラン切りの流れの中でフタまで放出されなくて良かったと痛感しました(ってまだ確定じゃない?)。

どんな形でも点が取れるガンバと言っても、やっぱりゴールの形はあるもので、今シーズンでいうと「グノの右サイドからの突破」、「智のロングフィード」からのゴールは来年は見られない訳ですね・・・ちょっと寂しいし、なんか攻撃が左サイドに偏りそうな予感。あと、ヤットはもっと点取れるはず。

一方で後半戦に目立った「藤春のクロス」など新しい武器も手にしている感もあったので、新加入選手の適性なども早く見抜いて新しい形を見つけて欲しいものです。個人的には前半戦に持ち合わせていた(アドリと宇佐美がいたからだけど)「スピード感」みたいな部分は得て欲しいと思っています。

で、本題。ベストゴールはどれか?

これはゴールに至る形ではなく「今シーズンのチームにおいてそのゴールが持つ意味の大きさ」と「自分の興奮度」の2点で決めました。

候補は3つで

●21節セレッソ大阪戦の中澤の同点ヘッド
→ACLでの敗戦があっての一戦で非常に勝敗が持つ意味が大きかった試合。負けていたらショックは大きくチームが崩れていた可能性もあったと思う中でチームを救った一撃だったと思います。めっちゃ喜ぶ自分がTVに抜かれて、週明けの会社で多くの人に突っ込まれた記憶も。聡太は守備は微妙だけど、攻撃での貢献度は高い点もガンバ向きな気がする。

●10節鹿島アントラーズ戦での3点目。ラフィーニャダメ押し弾。
→後半戦のチームの好調を決定付けたゲームだと思う。その象徴であるラフィーニャのデビュー即ゴール弾。このゴール以外の2得点にもアシストで絡んでるし、鹿島スタジアムで勝利って何年ぶり?鹿島戦というのも大きい。勢いをつけるゴールだった。仕事を休んで鹿スタ行った甲斐をめちゃくちゃ感じた試合。

●32節アルビレックス新潟戦での川西の同点弾
→スタジアムでの興奮度はこのゴールが一番だったと思う。優勝争いをしている終盤戦で0-2からの同点弾。2点とも川西。選手の気持ちを一番感じたゴールでもある。3点目が入っていれば06年のホーム最終戦VS京都のマグノのロスタイムヘッドばりに伝説になってた気がする。

おぉ・・・ベストゲーム同様にまたアウェーばかりになってしまった。ガンバはアウェーでお客さんが入る一因が少し分かった気がする。で、この3つの中でのベストゴールは・・・・

●10節鹿島アントラーズ戦での3点目。ラフィーニャダメ押し弾。

です。

MVPはグノだと思うけども、キーマンはラフィーニャだった。加入後即結果を出した点と、繰り返しになるけども、チームに勢い&自信をつけさせるゴールだった点を評価して選びました。

来シーズンはキャンプから一緒に練習できるという事で得点王期待したいね。中東にいかないでね。

P.S.余談ながらワースト失点は29節グランパス戦の1失点目です。智とガヤの連携ミスからの失点。天王山であのミスは萎える・・・。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/373-de4d1128