Jリーグ最終節を前に・・・。2人の退団者への想いと共に。

仙台戦の記事を書いている途中で西野監督退団についてちょっと触れるつもりが結構なボリュームになったので別エントリー。優勝を争っているタイミングで若干感傷的になるような文章を書くのは微妙な気もするけど、そういう思いをもって応援するのも悪くない。そういえば、昨年も同じような想いでリーグ最終戦、ルーカスがピッチから出ていくシーンを生で目撃できたのは昨シーズンのハイライトの1つ。あれば泣けた。

現状、報道されている今シーズン限りの退団者は西野監督とハッシー(11月28日現在)。いままでもベテラン選手や主力選手の退団を機に「ガンバ大阪の1つの時代が終わった」的な事は言われてきたけど、今回は本当の意味での「1つの時代の終わり」を感じる。監督の退団はもちろん、ハッシーの退団にも実好、松波の引退とはまた違う重みを感じるし、西野監督と共にガンバを出る選手が完全に生え抜きであるハッシーだからこそ「1つの時代が終わった」と感じる。なんとなく、退団するのが智や加地だったらそうは感じなかった気もする。(智は来年いるか微妙な気もするが)

ガンバ大阪20年の歴史は西野以前と西野以後の2つに分けれていて、西野以前の10年間は=暗黒時代。個人的にもまだ幼かったり、部活中心の生活をしていた関係で西野以前のガンバはあんまり記憶に残っているトピックスがない。稲本が希望の星だったり、エムボマがいた1年だけは05年に近い興奮を感じた記憶はあるけど、それ以外は負けすぎて性格が若干捻くれてたかもしれないほど。当然、そんなチームだから毎年のように選手・監督が入れ替わり、チーム、個人の成長(積み重ね)なんて感じられなかった。本当の意味でのクラブを応援し続ける醍醐味というか、魅力を知らなかった時期ですね。

そういう意味ではそういうクラブを応援し続ける魅力を教えてくれた時期が西野以後の10年間。その10年間はちょうど私が大学生~社会人の時期で、お金と時間に多少余裕が持てた事もあり熱心にガンバを追いかけた10年でもあって、ガンバのいい時期と上手くシンクロした。シーズンパスを買って、AWAYにも遠征して、海外にまで応援に行って・・・。大学の4年間はスカパー!が放映権を持った事もあり、ほぼすべての試合をリアルタイムで観たんじゃないかな。西野以前の10年間は私はファン。「サポーター」としてガンバを応援してきたのは西野監督時代のみ。その監督が変わる。その時代を主力として支えてきた選手が去る。今までの選手の退団、引退とは意味合いが違う。多分、西野以前のガラガラのスタジアムを考えれば本格的にサポーターになったのは西野監督時代ってガンバサポは多いはずなので、私と近い感想を持っている人も多いはず。

この10年で選手の成長、タイトル獲得、それらに伴うチーム力の向上・・・。西野以前の10年が悲惨過ぎたゆえに現状の主力選手達は若手の時から使われ続け、チームとして多少の血の入れ替えはありながらも成熟していく過程を見られたのは本当にサポーターとして幸せな事だと思っています。そして、そうした主力選手の衰えも感じないといけないここ1~2年にクラブが成長し続ける難しさも知りました。西野ガンバのピークは07年の前半戦だと思っていますが、そうした分かりやすいサイクルを経験できるのは特殊な気もしていて、同じような経験を今後の10年間で積めるかは当然分からない。別にそれは悪い事という訳ではなくて、10年前と今とは状況が違うし、それを求めている訳でもない。言いたいのはこの10年間の経験は今後のクラブの歴史の中でも特殊で貴重な10年間になるんじゃないかって今から思ってるって事。

自分でもまとまりのない文章だなと思いますが(笑)、結局何が言いたいのかと言うと、そういう風に思わせた功労者の2人には改めてリスペクトを持って最終戦を応援する!西野監督に対しては、報道を見る限り一連のクラブの対応はリスペクトを欠けるものだと感じる。だからこそ、サポーターの我々は精一杯の感謝と応援する気持ちを伝えたい。そして、優勝という形で一時代を終えて欲しいと願ってる。信じて応援するのみ。土曜日、静岡行ってきます。

P.S.最近、「フットボールクラッキ」や「Foot」などのTV番組で城福さんがやたらガンバを褒めるのを見かけた。優勝予想でガンバを挙げた理由も西野&主力選手の集大成だから的なものだったし、最終的にはヤットの守備をべた褒めしてたからね。来年スムーズにクラブに溶け込めるための布石かって勘違いしちゃったよ。世代交代がテーマになるのは明らかだったし、そのあたりに定評のある人だしね。


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/364-9a754127