【Jリーグ第28節】VS浦和レッズ(ガンバ大阪創立20周年記念試合)

【Jリーグ第28節】ガンバ大阪 1-0 浦和レッズ

行ってきました。20周年記念試合。行きは夜行バス、帰りはレッズサポばかりの東海道新幹線で深夜帰宅という事で月曜日にして疲労困憊でございます。そんなこんなで今更の月曜深夜更新。

この日は試合前のイベントが盛りだくさん。そんなに欲しくない20周年グッズも長蛇の列にそそられて購入し、一番楽しみにしていた20周年記念ユニ購入特典の抽選券を家に忘れ、結局毎回買っちゃう「くくる」のたこ焼きを食べ、またまた長蛇の列に並び歴代パネル展を見て、ゴール裏に戻るとシジクレイが登場し、ヘリコプターが飛んできてボールをピッチに落としてた。そんな試合前。

2011レッズ
歴代獲得トロフィーなども飾られています。これは真似できるクラブが少ないだけに誇らしげ。

特別な試合という事でサポーターの来場も早く、いつもよりちょっと早く来たのにいつもの場所を確保出来ず、いつもより少し隅っこで応援。熱心なサポーターが増えるのはいい事だなと思いつつも、ベストゴール&ベストイレブンが近年のゴール&選手が大半を占めていた事を考えると最近サポーターになった人も多いのかなと。世代交代が失敗して弱い時期が来ると離れていく人も多いんじゃないかな、という感想も持ちました。ちなみに私が投票したゴールは2005年の渡辺光輝選手のマリノス戦のゴール。一応、下位だけどベスト20には入ってました。てか、2005年のゴールはもっと入っていいでしょ。2005年のレッズ戦、アラウージョの「一番ハチマキゴール」あたりはダメ?あと、2007年のジェフ戦@フクアリでの2ゴールがそこまでサポーターの間で評価されてたのは少し意外。現地で観てた私は勝ち組って事で。

試合は1-0という記念試合にガンバらしくないスコアでの勝利。ただ、内容は完勝。あそこまで決定機を外していながら楽勝と感じられるのはそれだけレッズが酷かったって事。ゴールを取られる予感は全くしなかったって事です。レッズが不調になると見かける「レッズは強くあるべき」的な考えは私にはまるでないし、むしろ降格したらガンバのサッカーにフィットしそうな柏木&山田(小)あたり獲得できる可能性出てくるかな~とか考えると楽しくなるくらい。ただ、想像以上に酷いサッカーをしていた事と試合後にサポーターがブーイングしていない光景を見て同情はした。

この試合はどうしてもレッズ側の視点から勝因を語ってしまうけども、レッズの守備は裏への対応が絶望的で90分の間で裏へのパスからの決定機は数知れず。グノの決勝ゴールもこの形。ラフィーニャが1対1を2本外したけども、1本目は左利きの選手的にはコースがなかったし、抜きにかかるという選択肢はゴール裏から見ていて悪くない判断だと思う。加藤の飛び出しも素晴らしかった。ただ、1対1を1回外したという部分が力みを生んだのか2本目の1対1を枠外に外した事、後は流し込むだけのシーンで相手DFにシュートを当ててしまった事はラフィーニャ自身のミス。交代はやむなし。名古屋戦を前に逆にいい発奮材料が揃ったとポジティブに考える事にします。

で、その次節の名古屋は今シーズンの大一番・・・って事になるんかな。まだ試合数もあるからそこまでの緊張感はないんだな。この平常心が経験?前日に緊張するような試合が観たい。クラブワールドカップが観たい。バルサ戦が観たい。と、先走る前にナビスコか。ナビスコ決勝戦の緊張感は好き。水曜日に勝ったら日曜日はAWAY準決勝。予定空けてます。参戦します。

2011レッズ2
帰り際に撮影。重要な試合の時にはこの位置にも横断幕が。入場時に気分が高まりいい感じです。


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/356-9d07e756