【Jリーグ第21節】VSセレッソ大阪

【Jリーグ第21節】セレッソ大阪 1-1 ガンバ大阪

ただいま大阪より帰宅。寝坊して飛行機に乗り遅れるという失態を犯したおかげで今回の大阪遠征は交通費だけで35000円くらいかかってしまった・・・。そして、忘れていたけど世間は今、お盆休みなんだね。行きの新幹線めちゃくちゃ混んでいた事で気がつきました。絶対寝坊しては行けない日だった訳だ・・・無念。と、いう事で私は明日も普通に仕事です。電車空いてたらいいな。

寝坊した結果、長居には12時くらいに到着。めちゃくちゃ暑かったらキックオフ3時間前の16時開門は評価するけど、15時に列整理開始とか言っておきながら15時になってもダラダラ「列整理はしばらくお待ちください」と待たせる運営はダメだろ。熱中症なるわ。しかも、一方で「15時半には列にお戻りください」ってめちゃくちゃか!で、結局私のところには誰も来ないというオチ。あの炎天下にさらされた1時間が現在の疲労感に直結してる・・・とクレームです。

試合はドロー。ACLのリベンジという点、優勝争いをしている点から考えるとこの結果では満足はできない。追いついてのドローという展開だけ考えると試合後のブーイングは少し厳しいような気もするけど、上記の理由から仕方ないとも思う。ちなみに私は一定の評価はできるという意味でブーイングまではしませんでした。

2011 8月 長居
確か3万7千人強のお客さん。両ゴール裏でコレオが実施されました。

この試合のポイントは個人的には3つあって、「セットプレー」、「前半で1点取れなかった」、「グノを2列目に下げさるを得なかった(スンヨンの怪我)」。1得点はセットプレーからの一連の流れでの得点ではあるけども、ヤットはあのクロスを上げられるのであればCKでもあの質のボールを上げられないかねぇ。もしくは何か狙いがあったのかもしれなけど。

「前半で1点取れなかった」というのは逆に言えばそれだけ出来が良かったって事。内容的には今シーズンNO.1に近い前半だった気もする。ラフィーニャが一気にフィットした印象もあったし、分厚い攻撃が復活してた。たまに重要な試合で見せるガンバの本気に改めてチームとしてのポテンシャルの高さを感じる。一昨年のACLラウンド16の川崎戦の前半に近い感覚。ただ、どっちの試合も勝ててないという事実・・・。昨日はGKも良かったけどね。PKっぽいシーンの判定が悔やまれる。あとで録画見ます。

「グノを2列目に下げさるを得なかった(スンヨンの怪我)」ってのはそのままの意味。後半は例のごとく運動量が落ちて前線の動きだしが一気に少なくなった。明らかに出しどころが減ってたし、そこは将生に左右に流れてボールを引き出すとかしてほしかったんだけど、なぜか真ん中で足元でもらおうとする動きに終始して・・・というより運動量少なすぎじゃね?裏抜けの動きも少ないし。奴は大丈夫か?グノの好調ぶりを考えるとグノはそのままFWにおいて、スンヨンとの交代は普通に大森か、ウッチーをボランチに入れるとかで良かったんじゃないかな。これは結果論ではなく将生が出てきた時から思ってた。あと、足もそこそこ速いはずなのにラフィーニャはあんまり裏に抜ける動きしない気がする。上手い選手だけど、得意な形とかって持ってるんかな?

そんなこんなで次節は夏場の天王山・名古屋グランパス戦。ガンバは武井と加地が累積出場停止。フタ、スンヨン、佐々木が怪我。久しぶりにスタメンが全く読めない。ただ、案外こういう試合の方がコロっと勝ったりもするしね。大森あたりはチャンス。いつかのレッズ戦でスタメンデビュー(?)した倉田ばりにインパクトを与える活躍を期待したいね。出てこいニューヒーロー!!


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/347-4a23184c