【Jリーグ第4節】VSヴィッセル神戸

【Jリーグ第4節】ガンバ大阪 3-2 ヴィッセル神戸

やっとこさ録画してた試合を観戦。リアルタイム観戦できなかったのはかなり久々。今、忙しいんだわ。ただ、おかげさまで今回も情報をシャットアウトして観たので気分だけはLIVE観戦。まあ、試合翌日1日過ごしてもJリーグの結果を目に耳にしないのも、それはそれで寂しいんだけど。

試合内容はグダグダで失点シーンは大学サークルレベル。この内容の3-2では口が裂けても「ガンバらしいスコアだね」なんて言えない。ロングボールに対してはいつになったらまともな対応が出来るようになるのか気が遠くなるし、体が重いのは仕方ないにしろ、イージーミスを連発して更に自分達を苦しめるという悪循環。特にここ数試合の武井は緊張感が足りないんじゃないか?横谷の頑張りがいい刺激になればいいし、ボールを前に運ぶという点においては内田という選択肢もありじゃないかな。ボランチが前にボールを運べない点がこの試合を苦しくした要素の1つだと思いながら見てたけけに、途中出場したヤットのパスを回し方のすごさに今更ながら改めて感銘。ありゃ異次元。あれを見ているだけにボランチへの要求は高くなっちゃうけど、ヤットの場合、天性の感覚もあるだろうし、努力でどうにかならない部分なのかもしれん。そして、ここ1~2年はヤットからリーダーのオーラも感じてきつつあるんだけど、来年あたりキャプテンマークを巻いてそうな気がする。

とまあ、余談を挟みつつ試合内容について書きましたが、この試合は試合内容がメインディッシュじゃないんですね。宇佐美ガンバ大阪ラストゲーム。。1得点1アシストという結果も残して旅立つあたりさすがのスター性。けど、そんなプレーより心打たれたのが宇佐美のガンバ愛。試合後のヒーローインタビュー、挨拶、「自分が活躍する事でガンバの価値を上げたい」に代表されるように言葉の端々にガンバへの愛着を感じられたのが印象的。本当にガンバの事が好きである事が伝わって、めちゃくちゃ好感が持てたセレモニーだった。プレー面だけではなく、メンタル面でもガンバユースの過去最高傑作に仕上がっていた選手だったんだなって。笑。プロとしてのガンバ在籍年数が短い中でもサポーターからここまで愛されて旅立てるのはプレーよりもガンバ愛がサポーターに伝わったから。私も来年からはブンデスリーガを見始めようかなって思ってるし、現地に応援に行く事も検討してる。これはイナやツネの時にはなかった感情。まあ、バイエルンだからという部分も大きいけど。笑。

それに計り知れないそのポテンシャルがどこまで伸びるのか見届けたい。「宇佐美」の名前は彼が中学生の頃から聞いていて、若くして「ガンバの至宝」、「ガンバユースの最高傑作」なんてフレーズがつけられていたから、ユースの試合を見ない(見れない)私はずっとその宇佐美がトップに上がってくるのを楽しみにしてた。実際、トップに上がってからの活躍は言わずもがなで年々目に見えて成長を感じられたし、想像を超えるプレーも随所にみせて楽しませてくれた。全体的に下降傾向にあるチーム力の中で急成長を続ける彼の存在はガンバの未来だったし、希望だった訳で将来的な海外移籍は避けられない事は分かっていてもあと2年くらいガンバで観たかったのが正直な気持ち。ちょっと寂しい。けど、仕方ない。これもサッカー。これからは少し遠くから彼を応援しよう。ドイツでの活躍期待してる。


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/341-25dfde49