【ACLラウンド16】VSセレッソ大阪

【ACLラウンド16】ガンバ大阪 0-1 セレッソ大阪

何もできなかった。選手も、監督も。この重要過ぎる試合であんな低調なプレーに終始するチームを目の当たりにして、試合終了の笛が鳴った瞬間は言葉を失った。本当に何もできなったゲーム。圧倒的だったセレッソとのチーム力の差が序々に縮まってきているのは去年~今年の開幕戦で感じていたけど、まだ大丈夫だと思ってた。サッカーではずっと勝ち続ける事が難しいのは分かっていたけど、この試合で負けるとは・・・。

言い訳ではなく、回復力やチームマネジメントの責任も含めて、中2日という日程はやっぱりモロに影響した。あんなに動けないチームを見たのは初めてかもしれない。前半から体が重くて、後半に関しては重いとかではなく完全に止まった。前日記者会見での西野の「ガンバの30歳は並みの30歳ではない」発言が今は空しい。

体力的な部分をガンバの長所と考えられていた経験や確立されたスタイルなどでカバーできたら良かったんだけど、そんなものはどのプレーからも感じることはできず。それくらいチームは疲労してた。3本パスを繋ぐ事すら難しい。半分クリアのロングボールかカウンター。ポゼッションサッカーは何処。最後は自陣ゴール前で繋ごうとしたプレーのミスををきっかけに失点というのも何か皮肉な感じ。言わずもがな、藤ヶ谷のニアを空けるポジショニングは経験のある選手のするプレーではない。この失点は一生取り返せない。

そして、そんな何も出来ないチームに対して、何も変化を与えられない指揮官。これは結果論じゃない。全く走れないチームに対して選手交代枠を残してしまう采配に弁解の余地はない。あんな防戦一方な展開で延長を意識していたとは言わせない。武井を中盤に入れる事も出来たし、カウンター要員で将生を入れる事も出来たし、川西を入れて前線で起点を作ることもできたかもしれない。何もしないで負けたって感想を持ってる。万策尽くしたとは言い難いのが悔しい。

まあ、総合的に考えれば、どう考えても負けるしかない試合だった。そういう意味ではモヤモヤはない。ただ、絶望感があるだけ。一発勝負のゲームでこのパフォーマンスしか出せないのはチームの底力が落ちてきているんだろうな。落ちてきているのはここ1~2年の状態で分かっていたけど、この落ちをどこまで我慢するかって時期に来ている気もする。試合前の不安点であった内田は及第点だった一方で、ベテラン勢が前節での怪我を含めて戦えなかった事が印象深くもある。今年はベテラン勢の復調が目立つシーズン序盤だけど、この試合をターニングポイントとしてより若手の起用に積極的になるべきである事を示されたような気もした。

敗因をベテランに押し付ける事や、1試合の出来だけで上記のような考えになるのは乱暴だと思う。けど、この1試合はそれくらい重みのあるゲームだったとも思う。これで3年連続ラウンド16敗戦か。毎回内容は違うけど、ACL敗戦の絶望感は慣れないね。気持ちを切り替えられない敗戦。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

コメント

おっ!珍しくコメントが3件も来てる。お返事遅れて失礼しました。

赤シャチさん>日程の問題に対して、監督、クラブは何かしらの対策をしたのかってとこも非常に残念に感じるところですが・・・・。お互いACLは残念な結果になってしまいました・・・・。

ままれんじさん>極端に一新しろとまでは思わないまでも、もう少しやり方はあるんじゃないかとは思いますね。明日の川崎戦もスタメンはどんな感じになりますねぇ。

同感です。
いいかげんに若手と新旧交代していかないと、悪い時の磐田みたいになっちゃうよ~!

UAEから帰国して中1日に近い状態で甲府戦を迎えた
グランパスと同じですね
日程の組み方に問題があると思います
同じ条件で戦えるようにしてもらいたいものですね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/331-1b90ec42