天皇杯 準決勝 VS 清水エスパルス

天皇杯準決勝

清水エスパルスVSガンバ大阪
        3-0

得点者

19分:FW 18 ヨンセン
28分:MF 13 兵働昭弘
61分:FW 18 ヨンセン


朝5時に起きて、6時半のぷらっとこだまに乗って今年3回目の静岡行ってきました。冬の起床は夏の起床とは訳が違いまして、外が真っ暗で寒い中起きるのはなかなか精神力を必要とされます。そして、頑張って起きても玄関を出て真っ暗な空を震えながら見上げると心が折れそうになります。こんなところにも冬AWAY開催の弊害が。すいません。前回のエントリやっぱり撤回させて下さい。あれはTV観戦者の意見でした。冬観戦辛いっす。苦笑。今日のエコパは特に風もあったせいで体感温度は実際の気温より低かったはず。開門前はじっとしているのも辛いほどで現在も耳が少し痛いです。

2010天皇杯準決勝エコパ
少し丘(?)の上にあるから風が強い?

で、そんな自分との戦いを経て参戦した今日の試合ですが結果は敗戦。完敗。下記に書いた個人的に感じる敗因から考えると、不在だったヤット、中澤の不在も大きかったのかも。今日の結果を受けてこの年末年始は家に引きこもる事が正式決定。エコパからの帰路でTSUTAYAに寄ってDVDを数本借りた事は言うまでもありません。決勝戦のチケットもエコパでエスパルスサポの人に買ってもらえたし、もう思い残す事はありません。決勝を逃したのは勿論悔しいけど、たまにはゆっくりとしたお正月も悪くない・・・そう思うようにしています。

今日の試合は完敗だったので敗因を絞るのは難しい。相手はリーグ最終戦のリベンジというモチベーションもあっただろうし、序盤から気持ち負けしている感も。うちのミチ、下平という若干守備に不安を抱えるサイドを執拗に攻められ、1対1でも終始劣勢。今日は個々の勝負で負けまくってた印象。藤本あたりはスーパーだったし、ヨンセンを活かす形もチームとしてよく形になってた。記憶に残ってるシーンとして下平が相手の縦へのドリブルを読んでコースに体を入れていたのに突破されて直接の失点の原因を作ってしまっていたのは残念。ありゃ厳しい。加地さんが怪我がち、ミチが移籍という事でやっぱりサイドバックは補強ポイント。アレックス+右サイドのバックアップって感じかな。

攻撃は厳しいところにパスが入らず決定機が全然作れなかったし、宇佐美の個人技が希望というような状況で厚みは全く感じないという、ガンバらしくない悲しい終戦試合に。フタが久々に入ってクリエイティブな攻撃が見れるかなと期待してたけど、あんまり周囲と噛み合わず。フタが輝けない攻撃=ガンバらしくない攻撃と自分の中では思ってるんだけど、最近雑誌等で語られるフタ個人の不調で片づけちゃうのは少し可哀想な気も。来季の外国人FWはフタと相性が良ければいいな。宇佐美みたいな自分でも仕掛けられるタイプ&ここ数年のガンバのパスサッカー・ポゼッションサッカーを支えてきたフタとがオフェンシブで並ぶここ数年のスタイルと新しいスタイルの両方があるガンバのサッカーが個人的には観たい。1つの集大成として。

まあ、とにもかくにも1年が終了しました。リーグ2位、天皇杯ベスト4、ACLベスト16。無冠はアカンやろと思う気持ちの一方で、それなりに評価されるべき結果だとも思います。選手、監督、チームスタッフの皆さん1年間お疲れ様でした。例年より少しだけ長めのオフでしっかり体を休めて頂ければと思います。

そして、試合後何度も深々とサポーターに頭を下げて挨拶をしてくれたルーカス。ガンバでの功績を感謝すると共に、ブラジルでの活躍を日本から応援してます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/306-0fd92ff5