AFC アジアフットサル選手権大会 

先日、2~3週間ぶりに結構マジメにサッカーしたら股ずれを起こすという中年の様な体つきになりつつある昼飯はメガマック こ~です。ちなみに僕のプレースタイルをガンバの選手に例えるならば遠藤保二です。こんばんわ。みなさんも週に1度はガンバのチャントを大声で歌ってメタボリック症候群にならないよう予防しましょう。と、いう事で水曜日のホムスタの神戸戦と土曜日のフクアリの千葉戦は参戦する事にしましたので皆さんよろしくお願いします!特にフクアリは初体験&1人遠征の可能性が高いので誰か僕と仲良くしてください☆

そんなこんなで前回の記事ってちょっとだけ書いたフットサルアジア大会の話の続きを。

決勝戦は日本VSイラン。結果は1-4で完敗。素人目でも力の差がある事を痛感しました。試合後は「日本代表よくやった!」みたいな空気だったけど今年からFリーグが開幕するタイミングで自国開催のアジア大会を優勝できなかったのは今後のフットサル(Fリーグ)人気を高める上で結構イタいんじゃないのかな。確かJリーグは開幕前のアジア大会かなんかの大会優勝してその勢いでJリーグブームが起こったような記憶があるけど違ったっけ?しかも、ドーハの悲劇の印象に残る劇的な負け方がJリーグ人気をさらに加速させた感があるけど今回はそうじゃなくて完敗だから個人的にはがっかりきちゃった。つかみは大切でしょう。だから、イランはかなり強い国みたいだけど今回の大会は勝たなきゃダメな大会だと思います。まあ、フットサル界の事は何も知らないんで好き勝手言わせてもらってますけど。

あと、日本代表の中でも数少ない名前知ってる選手である木暮さんとか小野さんはFリーグのチームじゃなくて外国のチームに所属してるそうで・・・

小暮よ!Fリーグのカズになれ!!

と、いう事でJリーグ開幕に合わせて(?)ブラジルから帰国して初期Jリーグを人気実力共に牽引した初代MVPのカズのように小暮選手もFリーグのどっか強いチーム入ってFリーグの顔として世間にフットサルの素晴しさをプレーで教えて欲しいと考えるのは私だけでしょうか。外国でプレーするのも大切なんだろうけど2部とかでプレーするなら、日本のトップリーグでフットサル界のパイオニア的な役割を果たす事も考えていいんじゃない?Fリーグの人は小暮にそういうオファーを出さないのかな?それができるのは小暮選手しかいないでしょ。

試合内容についてふれるならばイラン強すぎ!特に守備は狭いコートの中なのにあんなにゴール前に密集されて守備されたんじゃゴールできる予感すらなかった。日本の攻撃もなんか単調で同じリズムで同じような展開でボール運んで同じように取られてる感じ。小暮選手はたしかに時折上手いプレー見せるんで流石だなとは思ったけど日本の選手はイランの選手と比べて選手間の特徴があんまりないように感じました。誰が出ても同じようなプレーをしてた気が。皆上手いんだけど個性がないって言うか・・・これサッカーでも聞いた事あるセリフだな。対するイランは10番のヘイダリアンが独特の間を持っていてトリッキーなパスを連発したかと思えばMVPを獲得した9番のシャムサエーがゴリゴリで体当ててドリブルしてきてすごい威力のシュートも連発!なんかフットサルっぽくなくてサッカーみたいな動きでした。フットサルを見たのは今回が初めてなので海外のチームがどういうプレーをするのか、どういうフットサルが世界基準なのかはわかりませんが日本も変にパスを回しまくるんじゃなくてシャムサエーみたいに少し強引でもいいからどんどんシュートうったらいいのにモヤモヤしながら見てました。スマートすぎるって言うか。実際パワープレー中にパスミス発生して点を取られるシーンもあったしね。パワープレー中は数的有利なのでたくさんパスをつないでフリーの選手をつくるのがセオリーだったりするのかもしれないけど、そのパワープレーが3位決定戦で見たキルギスのものと比べると全然脅威じゃないというのが感想。ゴールするためシュートするためにパワープレーしてるのがキルギスなら、なんとなくパス回すためにパワープレーしてるが日本って感じ。

まあ、まだ発展途上なんでしょう。Fリーグが開幕したら日本のレベルも上がるだろうしFリーグの成功を期待してます!見るスポーツとしてフットサルはそれほど悪くないと思うので試合時間が1時間半くらいで終わってしまうのでもう少し長い時間楽しめる工夫や室内スポーツなのでbjリーグあたりを参考にして音響などを充実させてエンターテイメント性を充実させるなどの工夫があればお客さんもたくさん呼べるんじゃないですかね。とりあえずシュライカー大阪の開幕戦は見に行きます。ユニも買お~って事でなんやかんや言って結局フットサルにはまってる僕でした。ちゃんちゃん。

スポーツブログ「Message」はFリーグを応援しています

最後まで読んだら押してくださいね。