Jリーグ第19節 VS 鹿島アントラーズ【J特】

Jリーグ第19節

ガンバ大阪VS鹿島アントラーズ
      1-1

得点者

90分:MF 27 橋本英郎   6分:FW 9 大迫勇也


夏休みも今日が最終日。夏休み中も会社のケータイが鳴りまくりであんまり休んだ気がしないけど、仙台・万博と2試合現地でJリーグ観れたし、まあ、9月の連休までまた頑張ろうと思っている夏の夕暮れでございます。今日は夕方から夏休みを締めるイベントとして神宮の花火大会。Jリーグと重ならない平日の花火大会歓迎。

鹿島戦行ってきました。世間と夏休みが少しズレていたみたいで帰りの新幹線はガラガラ。ただ、万博は満員。平日でもこの雰囲気がつくれるのは凄い。試合前恒例のスタジアム全体でのチャントもパワーアップしてる気がする。打倒!甲子園!関西人にはあのポテンシャルがある!笑。この試合の同点ゴールも2割くらいはスタジアムの後押しかも。

2010鹿島戦@万博
午前11時頃の万博スタジアム。地面の跳ね返りもあってこの辺りの気温はかなり高かったはず。


引き分けという結果は帰宅後の録画を観ても妥当。全体的にガンバの決定機も多かったと思う一方で、同点直後の興梠がフリーで抜けたシーンは背筋がゾッとした。お互いに捨て身で前がかりになった結果だと思うけど、あれはリスク高すぎ。佐々木は守備も少しは意識してくれ。苦笑。

それ以外には今試合も守備は安定していた印象。なんだかんだで点を取っちゃうのが鹿島だけど、直接的に恐さを感じたのは興梠くらい。体の入れ方とかボールのもらい方がやたら上手い。マルキ仕込み?将生も少しタイプ的に似ている部分もあるから是非動きを盗んで欲しいね。

守備の話に戻ると、今日の注目点は予想外の右サイドバック・武井。センターバックの2人は勿論、左のミチもいじらないという選択。武井の評価が高まってるって事だろね。ポジションはどこであれ注目の試合でスタメン出場できるのはいい経験になったはず。その武井はぶっつけ本番のサイドバックとしては及第点。1対1時の間合いが広かったり、細かい部分で不慣れな部分は序盤狙われた(?)部分もあって気になったけど、段々慣れてきた感じだったし。ただ、根本の解決策には全然ならないので加地さんのバックアップは来年こそ補強お願いします。(両サイドできる若い選手がいい)。

失点のシーンは武井のサイドだけど、連携不足というよりも集中力の問題?現地でもTVでもよく分からなかったけど、ボールボーイが早くボールを渡した事で早いリスタートになったとか。苦笑。まあ、それを上手くつく鹿島もさすがというか。拮抗した試合が多い鹿島戦において、やっぱりあの失点は最後まで痛かった。

ただ、その失点後は決定機もつくれていたし、後半も相手に退場者が出た事や交代カードで最後まで前へ行けたのは良かった点。前回のエントリで期待している選手に挙げたイグノは紙一重のシーンが数回。ゴールは近いんだけど、運がない部分も。ただ、今日はチャンスメイクというよりもフィニッシャーとして目立つシーンが多かったし、期待値は日に日に高まってる。シュミレーションを取られちゃったシーンにコンディションも上がってきてる事を感じた人も多いはず(オリヴェイラはあのシーンについてイグノにイエローを出せって言ってたけど、あのシーン後の曽ヶ端の必要以上のアピールこそイエロー)。動き自体は良かっただけに途中で代えられちゃったのは少し可哀想だけど、交代した選手が先輩のジェジンだし、気を悪くしないで名古屋戦で頑張って欲しい。次も重要な一戦だから。

で、ハッシー。ハッシーの場合は5試合連続ゴールが勢いじゃなくて自力だと感じるし、連続ゴールはいつか途切れるだろうけど、今後もコンスタントのゴール、アシスト数が記録してくれそう。今まで攻撃的な選手が段々ポジションを後ろに下げて活躍した事例は結構観てきたけど、逆パターンは珍しい。どんなけプレーの幅が広がるんだ。今までは献身さやゴールにつながる2プレー前とかでの貢献度が高かったけど、この試合をはじめゴールに直結するプレーの増え方が特にここ数試合は目立ってる。攻撃の意識が年々高まっている事は感じていたけど、ここにきて結果につながっているのは更に進化した証。

攻撃的な部分ってセンスだけじゃないんやね。30歳過ぎて攻撃センスが開花するのは常に考えてプレーしている証拠。本人はフタのようなスルーパスは出せないって言っていたけど、短い距離であればいいスルーパスを何回か出していたし、録画した試合を観ていてヤットが2人いるような感覚になった。ハッシーほど経験を力に変えられる選手を知らない。今のハッシーはとめられない。05年かのハッシーも一時覚醒状態みたいになってた記憶があるけど、第二次覚醒状態だ。笑。

そんなこんなで残り試合数を考えると価値ある引き分け。例年通り一年中勝てるチームはいなくて、ここに来て調子の落としている上位陣も。前半戦あんなに負けたのにガンバも気が付けば上位を狙える位置に。終盤の対戦カードを見ると上位との直接対決といったカードは実は少ないだけに今が密かに今シーズンの正念場かも。この引き分けを活かすためにも名古屋戦は重要。翌日有休で名古屋戦参戦します。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/284-1cb91ba2