第11節 VS浦和レッズ

Jリーグ第11節

浦和レッズVSガンバ大阪

      1-1

得点者

76分:FW 21 ワシントン         17分:FW 18 バレー


生まれて初めてもんじゃ焼き食べたよ~!うま~!!と、いう事で試合から一日遅れの更新です。今朝、夜行バスで愛する大阪に帰ってきましたこ~です。変な寝かたしたので全身が痛いです。もんじゃ焼きをごちそうしてくれた先輩とその同僚の皆さんにはこの場を借りてお礼申し上げたいと思います。ごちそうさまでした。また、大阪でもホルモンとかもんじゃの店あったら食べに行こ~。 

ちゅ~事で今年の天皇杯決勝以来の関東遠征・埼玉スタジアムに行ってきました。試合に向かう電車の中でレッズサポのおじさんに僕のユニ見るなり「大阪からわざわざ来たの?」と声かけられた時はいちゃもんつけられたかと思って「おいおいマジかよ~めんどくせ~」って思ったけど、話してみると「ガンバ強すぎだよ!」とか言う浦和レッズ隠れガンバサポでした!笑。そんなこんなで浦和美園に到着し、スタジアムに入る前に屋台でたこ焼きを購入しようと並ぶとたこやき屋さんのおばちゃんが僕が着ているユニを見た瞬間に顔色が変わるというアウウェーの洗礼をあびながらのスタジアムイン。試合前は関東サポの皆さんに久しぶりに挨拶したり、カツ丼や31アイスクリームを食べてまったりと過ごさせていただきました。やっぱり専門スタジアムは雰囲気いいなぁ。

で、試合。前半の途中までは完全に圧倒。レッズが全然パス回しについてこれてない事が分かったし結構早い展開にバレーゴールによって先制した事とどことなくゼロックスの時と試合の感じが似ている気がしたので2点目が前半のうちに取れればまた4-0かななんて思いながら声を出し続ける。しかし、2点目取れず。後半のマグノの惜しいシュートとかもあったけど結局この時間帯に2点目取れなかったのが痛かった。

前半残り10分くらいから流れはレッズ。相手のシュートの精度が低かった事に助けられたけど実は結構やばいシーンの連続だった訳で「今日は運もこっちにあるかも」なんて思う。審判のジャッジについてはワシントンとポンテが前半は相当キレてたけど(ワシントンのしつこさは退場じゃないのか?)、キレてるのは僕らも一緒です。笛吹きすぎ。ちょっと相手に足があたっただけピッピピッピ笛鳴らしやがって。ナイスディフェンスと思ったら「ピッ!」。バスケットボールじゃないんだからあんなに笛ならされたらディフェンスできない。しかも、鳴らす時と鳴らさない時があってジャッジの基準がバラバラ。Jリーグの審判が笛鳴らしすぎるから日本代表が国際舞台でやたらこけるというのは正論です。

そんな西村氏のジャッジのおかげで前半は危険なセットプレーをばんばん取られた訳ですがなんとか無失点で抑えて前半終了。藤ヶ谷は空中戦は安定して見れるわ~。あと、闘莉王がいなかったのはやっぱりレッズにとっては大きかったなんじゃないかな。こういう流れを無視したセットプレーとかの得点で勝つチームって印象があるし。やっぱり恐いのはワシントンとポンテ。ワシントンにボールが収まった時だけソワソワした。いまさらながらあの体のでかさは反則。

後半は基本的にレッズにポゼッションを握られる展開。あんな長い時間帯ガンバがポゼッションを握られる試合は久しぶりに見た。基本的にガンバの負けパターンはカウンターなんで。そんな感じで試合は進んでいく訳です。ワシントンの幻のゴールとかもあって(・・・笑。)、時折カウンターも見せながらなんとか守っていた訳です!しかし!!謎のレッズPKゲットの判定!僕らの位置からどの辺がファールか分からなかったしTVも見ていないんですが・・・・ワシントン幻ゴールの帳尻合わせですか・・・泣。けど、不思議とPKストップの絵が想像できたんだな。2005ナビスコ決勝のPK合戦で止めれなかった分を取り返してくれる気がしたんですよ。結果止めました。やりました。しかも、別にワシントンのコースが甘かったようにも見えなかったし、藤ヶ谷完璧なセーブでした!いや~完全にあの日一番の盛り上がりでしたね~!あれ決められてたら負けてたかもしれんし。

PKも止めたし家長も入ったしこれで勢いつけると思ったけどそんなに流れ変わらず。(最初についたポジションは右サイドバックだったんだね、あれ。気がつかなかったけど、あまり前に出てこないでドリブルもしかけなくてチンタラつなぎに徹してるから「あんな低い位置どりしたんじゃ、アキ入れた意味ないじゃん!」とかイライラしてたんだけど、途中から積極性を取り戻したのはそういうことなのね!)やっぱりあのスタジアムの雰囲気は選手に影響しているんじゃないかなぁ?1点リードしている事もあったと思うけど後半はもう1点取りに行くというより「このまま1-0で守りきりたい」的なオーラが出ていた気がしたし、余計なリスクはとりたくない受身になってた気がするな~。スタジアム全体のレッズの押せ押せな空気に押されたいた様な。万博ならああいう展開にはならないと思うんですよね。数少ない本当にアウウェーを感じるスタジアムだと思うわ。そういう意味では76分に同点にされたから勝ち越し点を与えなかった事は単純にすごいと思う。逆の立場だったら絶対勝利を確信するもん。

しかも、むしろ同点食らってからガンバ盛り返したからね!残り10分は打ち合いの様な展開だったけど、こういう展開なら攻撃力が売りのうちが1点取って勝ちたかったな~。ああいう展開の時こそマグノが必要だと思うんだけどミドル持ってる前ちゃんでもいいんだけど昨日の試合に関しては出来が悪くてもエースのマグノを最後まで置いておいて欲しかった。例のごとくあと一歩だったなぁ。アキがサイドで一人かわしてぺナエリ進入しているのにバランス崩してこけたり、幡ちゃんのシュートがまたポストに当たったり、線審が明らかなコーナーってくれなかったり・・・。残り5分の段階でもパスをつなぎまくってたけどああいう展開ではちょっと強引でもシュート打ったらいいんちゃうかな。ゴール裏も皆「シュートシュート」言ってたし、ああいう場面でのバックパスや横パスは冷めちゃうわ。選手が技術あるだけにそういうプレーになっちゃうんだけどガンバの課題っていうか不満はそういう綺麗過ぎるところかな。ちょっと無謀でもバレーみたいに強引にガツガツシュート打ったり仕掛けたりした方がゴールが生まれる可能性は高いでしょ。

結局このまま1-1で終了。中3日という事を考えてもレベルの高い試合でした。今年もこの2チームを中心に川崎がJリーグをリードするんだろうね。8月のレッズ戦を楽しみにしときます。試合は勝ちたかったし勝てたとも思うけど相手PKもあったし、幻ワシントンゴールとか危ないシーンも多かったし、アウェーでドローは実は内容相当な結果かもね。単純に面白い試合してたし前半と後半残り10分のサッカー見る限り内容的には別に3試合連続ドローを心配する必要もない。どっかの新聞が「ガンバ勢いがなくなってきた」とか「すでに完成されたチームだから伸びしろが・・・」みたいな事をレッズ戦を受けて書いてあるのを見てビビった。あほですか?ちゃんと試合見てるんかな?こんなもんで完成とか言って欲しくないわ。4バックも今年から導入やし個人で考えても安田、青木、家長、バレー、寺田なんかもまだまだ伸びるでしょう!また、ホームで後半残り15分の得点で引き分けたレッズを「やっぱり強い」的な論調で書いてあるのにもびっくり!試合内容を見て記事を書いて欲しいものです。まあ、来週の土曜日には「やっぱりガンバ強い!二位柏に完勝」の文字が新聞に躍る事は安易に想像できますが。

まあ、結論は昨日の試合はどっちのチームにとってもまずまずの引き分けでしょう。アウウェーで引き分けのガンバ。ACL疲れのレッズ。お互い満足はしていないはずなんで続きは8月の万博で。

そんなこんなで来週も首位攻防戦。次はホームだしそろそろ引き分けは許されないです!勝ちましょう!では、また来週。


P.S.生まれて初めて食べた東京のもんじゃ焼き屋で生まれて初めて「お兄ちゃん訛ってるね~」と言われました。関西弁って東京でもメジャーだと思ってた・・・。

最後まで読んだら押してくださいね。