Jリーグ第9節 VS 鹿島アントラーズ

Jリーグ第9節

鹿島アントラーズVSガンバ大阪
         2-1

得点者

45分+1:DF 3 岩政大樹    80分:FW 24 星原健太
68分:MF 8 野沢拓也


ただいま帰宅。意外に行きも帰りも高速は渋滞もなくスムーズ。と、いうか今まで鹿島スタジアム行った中で一番スムーズに帰宅できたかも。ただ、そうはいっても2時間半バス移動&30分の電車移動はやっぱりハード。しかも、負けたし。一昨日に出場したフットサル大会の筋肉痛もあわさって疲労困憊です。明日はジムのプールでクールダウンしよ(気分はアスリート)。

今日は過去の鹿島スタジアムのイメージと真逆の快晴。寒い時期とか雨の試合が過去数年は多かったからね。だからこそ「もつ煮」の美味しさの記憶が強いんだろうな。今日も暑いくらいの気温なのに皆もつ煮食べてるもんね。クラブ別鹿島スタジアムもつ煮消費量をランキング化したらガンバサポーターは絶対上位にくるはず。お願いランキング(テレ朝)にハガキ出しとく。そういやテレ朝つながりで試合前のピッチに竹内アナらしき人物がいたね。狙ってる選手とかいるんかな。・・・下世話な話ですいません。

213_convert_20100501221734.jpg
快晴のカシマスタジアム


で、試合。ナイスゲームをしたんだけど負けた。やられた2失点は共にセットプレーだし、自らに敗因を探すのは難しい。ガンバの選手達は良くやったと思うし、皆もそう思ってるからこそ試合後は拍手で選手を見送ったんだと思う。鹿島は強い。一昨年くらいの対戦からJリーグでは唯一チームとしての完成度に差を感じる。各選手のプレーの判断が的確で連動もしてる。特に岩政ー中田ー小笠原ーマルキーニョスのセンターラインは強烈。その中でも小笠原の守備力(攻守の切り替え)は強く印象に残ってる。最近、メディアを賑わせてる「小笠原をW杯メンバーにキャンペーン」も納得の出来。あと、中田も前半は特に明神ばりに効いてた。共にベテランだけど、経験からくる読みが鋭いのかポジショニングが絶妙やね。・・・・なんかインパクトがある選手ってベテランばっかりやな。

ガンバも相手が鹿島という事もあって例のごとく緊張感のある集中したゲームをしたと思う。攻撃も3-5-2の特徴であるサイドを使った効果的な攻撃が出来ていたし、ミチも珍しく(?)するどいクロスあげていて良かった。得意の中央突破もルーカスにボールがおさまった事もあって宇佐美やフタが前を向いてプレーできたし期待感あった。強烈なフィニッシャーがいないので恐さという部分ではまだ物足りないけど、将生が戻ってくれば・・・とは少し思った。チーム状況が良くなっている今の状態で将生がどう絡めるのか楽しみではある(期待感ゆえ求めるハードルが高くなっちゃっているのは少し可哀想だけど)。将生は途中出場やろうけど、4-4-2での2列目宇佐美ーフタライン&将生の絡みはかなり楽しみにしてる。

最後に星原初ゴール。将生といい、星原といい、若手が結果を出しちゃうのが今年のガンバ。交代のファーストチョイスだった事から考えても西野の期待感もありそう。トータル面ではまだまだ物足りない部分も多いからスタメンは厳しいけど、俊足という一芸を持っている選手だけに出場機会はそこそこ与えられそう。大塚との序列が逆転している感もあるし、結果次第ではチャンスがもらえるという若手の間では刺激し合えるいい状況になってるんじゃないかな。

調子が戻ってきているだけに次節は絶対結果を出したい。いい気持ちでACLへ!私も東京から万博参戦します。翌日の仕事?勿論、有給取りました。今年は人よりちょっと長めのGWです。ACLラウンド16韓国遠征は我慢するんでこれ位はいいでしょう。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
投票お願いします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7additionaltime.jp/tb.php/265-19716db5